動画ソフト・アプリ

【2024】動画編集ソフトおすすめランキング

掲載・更新日

【2023】動画編集ソフトおすすめランキング

PR
一部プロモーションが含まれる場合あり

動画編集ができるWindowsMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、YouTuber、インスタグラム、TikTok、プロ向け人気動画ソフトの選び方や、わかりやすい使い方を記事と動画で解説します。


※このページで紹介している動画編集ソフトはすべて私が実際使ってレビュー評価しています。メーカーからの依頼によるランキング操作も一切行っていません。

内村航

この記事を書いた人:内村 航

株式会社ドウガテック代表取締役。2012年より『カンタン動画入門』を運営。動画編集ソフト・アプリのレビュー本数58本。動画編集スクール取材9校。アクションカメラ17台、α7 III、EOS8000D所有。大学講師(日本文理大学情報メディア学科、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ等)。著書:暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版)iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS)

→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)



おすすめの動画編集ソフト結論

対象者、目的別おすすめの動画編集ソフトは以下の通りです。

初心者向けおすすめ動画編集ソフト トップ3

初めて動画編集をする人におすすめなのは、Microsoft社のClipChamp(Windows・無料)、Apple社のiMovie(Mac・無料)です。

iMovieiMovie
Macに初めから入っている初心者向け無料動画編集ソフト。テキストデザインが自由にできない。
ClipChampClipChamp
Microsoft公式のWindows用無料動画編集ソフト。テキストデザインがしにくい。
フォトフォト
Microsoft公式の一世代前の簡易的な無料動画編集ソフト。初期設定を変更する必要がある

中級者おすすめ動画編集ソフト トップ3

簡易的な動画編集ソフトで物足りない方や、YouTubeなどのSNS用にこだわって動画編集したい方におすすめなのは、CyberLink社のPowerDirector(Windows/Mac・有料)、WonderShare社のFilmora(Windows/Mac・有料)です。

PowerDirectorPowerDirector
Windows/Mac用の動画編集ソフト。必要な機能全部入りで家庭用人気ナンバーワン。初心者でも使いやすい。
FilmoraFilmora
Windows/Mac用動画編集ソフト。PowerDirectorよりリーズナブル。オシャレなデザインのテンプレートなどが特徴。
FilmeFilme
Windows/Mac用の簡易的な動画編集ソフト。機能が少ないが、その分使いやすい。

プロ向けおすすめ動画編集ソフト トップ3

YouTuber、プロの映像制作者など業務用におすすめなのは、Adobe社のPremiere Pro(Windows/Mac・有料)、Apple社のFinal Cut Pro(Mac・有料)、Blackmagic Design社のDaVinciResolve(Windows/Mac・無料)です。

Premiere ProPremiere Pro
Windows/Mac用のプロ・YouTuber向け動画編集ソフト。業界シェア率トップのスタンダートソフト。
Final Cut ProFinal Cut Pro
Mac用動画編集ソフト。買い切り購入できる。長く使いたい方にはお得。
DaVinciResolveDaVinciResolve
Windows/Mac用の無料動画編集ソフト。プロ向けの高度な編集機能がある。扱い方が難しく初心者にはおすすめできない。



動画で学ぶおすすめの編集ソフト

YouTube動画でおすすめの動画編集ソフトの解説をしています。

動画編集ソフトおすすめ比較・選び方Windows/Mac


動画編集ソフトとは

動画編集ソフトとは、パソコンで動画素材を編集するソフトウェアのことです。動画編集ソフトでは、動画のカット、テキストテロップ、BGM音楽、エフェクト、トランジション、編集した動画の書き出しなどができます。





動画編集ソフトの選び方 3つのポイントとは

動画編集ソフトを選ぶ時の3つのポイントを解説します。

(1)自分のパソコンはWindowsかMacか、スペックは?

パソコンのOS(オペレーティングシステム)がWindowsかMacかで対応しているソフトは違います。

【関連】Windows用動画編集ソフトまとめ
【関連】Mac用動画編集ソフトまとめ

またプロ向けの高性能ソフトを古いパソコンや、低スペックパソコンで使うと動きが遅かったり途中で止まる場合があります。編集ソフトの多くは体験版があるので購入前に必ずパソコンに入れて確認してみましょう。

【関連】動画編集ソフト書き出し速度調査まとめ


(2)必要な機能があるか

4Kに対応しているか、画面録画や声の録音、DVD、Blu-rayが焼けるか、自動編集機能はあるか、など確認しましょう。こういった高度な機能は無料版にはほとんどないので注意してください。

4K4K動画(3840×2160)の入力と出力ができるか
360度360度動画の編集ができるか
アクションカメラGoProなどアクションカメラのレンズや手振れ補正機能があるか
縦動画1080×1920などの縦動画や正方形動画を編集できるか
クロマキーグリーンバック背景を透過処理できるか
録音動画編集ソフト上でマイク音声を録音できるか
画面録画パソコン画面を録画できるか
自動編集動画や写真を自動で編集する機能があるか
DVDDVDを焼くことができるか
Blu-rayBlu-rayを焼くことができるか

▼より詳しい主要な機能の解説はこちら(クリックで開く)

4K対応

4K(3840×2160)サイズの入力と出力に対応している編集ソフトと非対応のものがあります。現在、多くの動画はフルHD(1920×1080)サイズなので、必ずしも4K対応である必要はありません。4K編集をするにはハイスペックのパソコンも必要なので扱いには注意しましょう。

4k FullHD解像度イメージ 【関連】4K対応動画編集ソフトまとめ

360度

360度動画を編集できる機能です。まだ360度動画が普及していないので対応ソフトは少ないです。
※PCの場合はYouTube画面をマウスでグリグリまわすと360度見れます。スマホだとスマホ本体の向きをグルグルすると360度見れます。




アクションカメラ

アクションカメラに対応した手振れ補正やゆがみ補正などの機能です。通常のソフトでも編集は可能ですが、より細かい機能がわかりやすく区別されています。

アクションカメラ対応動画編集ソフト 【関連】アクションカメラ対応動画編集ソフトまとめ


縦動画

スマホなどで撮影した1080×1920などのTikTok用の縦動画や、インスタグラムなどの1:1動画の入出力ができる機能です。これがないと縦動画の左右に黒い帯ができてしまいます。

縦動画の編集 【関連】縦動画対応動画編集ソフトまとめ


クロマキー

動画の緑などの背景を抜いて透過させる機能です。ゲーム実況者の背景を抜いてゲーム画面と合成する時などに使います。使い方や素材の準備に少しコツが必要です。

透過前 グリーンバックで背景を透過させる方法 透過後 グリーンバックで背景を透過させる方法 【関連】クロマキー対応動画編集ソフトまとめ


録音

USBマイクをパソコンにつなぎ、自分の声を録音できる機能です。外部マイクが必要です。

Adobe Premiere Elementsの使い方 ナレーション録音する方法 動画編集ソフト
【関連】ナレーション録音対応動画編集ソフトまとめ


画面録画

パソコン画面などを動画としてスクリーンキャプチャできる機能です。ゲーム実況や講義動画などに必須です。

ScreenRecorder2 PowerDirectorの使い方 【関連】ゲーム実況向け動画編集ソフトまとめ


自動編集

動画や写真、音楽、テーマなどを選んでボタンを押すと自動で編集してくれる機能です。動画素材はたくさんあるけど、編集する時間がない方におすすめの機能です。

動画の自動編集機能

DVD/Blu-ray

DVD/Blu-rayを焼く機能です。別のソフトを使って焼くこともできますが、同じソフト内で焼けると便利です。

DVD・Blu-ray作成画面 【関連】DVD・Blu-ray対応動画編集ソフトまとめ



(3)無料か有料か

動画編集ソフトには無料と有料のものがあります。無料ソフトは機能が簡易的だったり、ロゴが強制挿入されたり、機能性が悪く使いづらいことが多いです。一方、有料ソフトは高機能で使いやすくマニュアル豊富なものが多く毎年バージョンアップされ安全に使うことができます。

無料動画編集ソフト
  • ・機能が簡易的
    ・ソフトによってロゴ挿入あり
    ・安全性に注意が必要
有料動画編集ソフト
  • ・多機能
    ・ロゴの挿入なし
    ・安全性が高い
【関連】無料動画編集ソフトまとめ




動画編集ソフトランキングの評価基準について

動画編集ソフトランキングの評価基準は、(1)料金、(2)使いやすさ、(3)機能性、(4)動作の軽さ、(5)信頼性はあるかを、私が実際にレビューして計算しています。

▼より詳しい採点表はこちら(クリックで開く)

採点方法について

採点方法は『料金』『使いやすさ』『機能性』『軽さ』『信頼性』の5項目に点数をつけ判断しています。各項目の点数はその項目の重要度を加算して調整しています。

5段階評価星

最も総合点が高いものを星5つとして、その他の基準値としています。

料金

無料を5点、それ以外は初心者向けを2万円、プロ向けを5万円を基準に計算しています。サブスクリプション版は2年分で計算しています。

使いやすさ

実際使って試して、使いやすさを10点で判断しました。

機能性

主要機能10項目×2点で計算しました。機能はソフトに重要なので点数の比重を高く設定しています。

軽さ

書き出し速度の計測や、使ってみた全体的な動作を基準に5点で判断しました。ただし各自のパソコンスペックによるところが大きいので点数の比重は低く設定しています。

信頼性

MicrosoftやAppleなど大手メーカーのものや、知名度が高く毎年アップデートされているものを高く、そうでないものは低く、5点で評価しました。


初心者向け動画編集ソフトランキング採点表

順位ソフト名5段階評価総合点料金使いやすさ機能性軽さ信頼性
1PowerDirector538.31.88.5203.54.5
2Filmora4.534.42.98163.54
3Filme3.627.23.78843.5
4Adobe Premiere Elements3.526.60.161424.5
5Movavi Video Editor3.325.13.18644
6iMovie Mac3.32556635
7Microsoftフォト3.32557445
8MovieStudio3.123.83.831223
9VideoPad322.63.16643.5
10Clipchamp2.922.55462.55
11GOM Mix2.821.656433.5
12AviUtl2.7215363.53.5
13Keynote2.72153445
14Shotcut2.720.554632.5
15Olive2.6205543.52.5
16GOM Mix Max2.519.33.87433.5
17GOM Mix Pro2.519.13.67233.5
18Icecream VideoEditor2.418.545432.5
19PowerPoint2.418.3-1.3644.55
20EaseUS Video Editor2.317.92.45433.5
21Windowsムービーメーカー2.317.558040.5
22Lightworks Windows2.11655033
23VSDC Free Video Editor2155242.51.5
24OpenShot Video Editor1.8145222.52.5
25Avidemux1.6125122.51.5
26VirtualDub1.29.55102.51
27Free Video Editor1.18.64.1102.51

プロ向け動画編集ソフトランキング採点表

順位ソフト名5段階評価総合点料金使いやすさ機能性軽さ信頼性
1Adobe Premiere Pro532.12.128143.54.5
2Final Cut Pro4.327.81.3271234.5
3Vegas Pro4.2271.061433
4DaVinci Resolve3.9255682.53.5
5Avid Media Composer3.522.555633.5
6EDIUS Pro3.421.9-1.661043.5
7Blender2.51653233

クチコミについて

各ソフトのクチコミは当サイトの読者から集めたアンケートを引用しています。アンケートはすべて実際に動画編集ソフトを使った方限定でおこなっています。

【関連】動画編集ソフト クチコミ・評判まとめ



初心者向け動画編集ソフトランキングWindows/Mac

このランキングでは、初めて動画を作る方や、趣味、業務の一環で動画を作る方、YouTuberをこれから目指す方に向けたWindows/Mac用動画編集ソフトを紹介します。

動画編集ソフト 特徴
国内販売シェアNo1のサイバーリンクの優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。動画書き出し速度1位。※Mac版は画面録画、DVD、Blu-ray機能未実装。

運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPRや教育、セミナー動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフト。当サイト一番のおすすめ。

・PowerDirector最大28%オフセール(click)6/2(日)まで
→期間限定クーポンコード『dougatec2024』で6,030円/年(税込)

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を30秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
2位 Filmora
Filmora Mac動画編集ソフト

買切り版
11,979円
8,980円(税込)

サブスク版
9,979円/年
6,980円(税込)
Filmora
ダウンロード
最大29%OFF!

Filmora
独自レビュー・基本情報

Filmora
使い方動画
Filmoraは、Wondershare社が開発した家庭用の初心者~ミドルクラスまで対応したマルチなWindows/Mac用動画編集ソフト。

基本的なカット編集、BGM挿入、テキストテロップ、豊富なCGテンプレート、ナレーション録音、画面録画、自動編集、DVD焼などを簡単に使うことができる。特に注目なのがおしゃれなデザインテンプレートやCGエフェクトが多い点。

ライバルのPowerDirectorと比べるといくつかの主要機能がないが、その分、買い切り版は安い。→さらに詳しく読む

FilmoraFilmora最大29%オフ(click)

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
初心者向きのリーズナブルで使いやすい簡易的な動画編集ソフト。

基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなどができる。Ver4.0から4K対応、ナレーション録音、画面録画ができるようになった。

プロやYouTuberではなく、あくまで趣味、家庭用として考えると機能は十分だし、値段も安い。→さらに詳しく読む

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分5秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。家庭用とは思えないほどの高機能。

しかし年々、値上げしており、家庭用動画編集ソフトとしては高すぎる。パソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンにはおすすめできない。一般向けには高機能過ぎ、プロ向けには物足りないという中途半端な位置にある。Ver2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。2022から縦動画、正方形動画に対応。

初心者向けにはPower Director、もしくはいっそのことプロ版のAdobe Premiere Proがおすすめ。→さらに詳しく読む

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分15秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
シンプルで使いやすい動画編集ソフト。

高度な編集機能はないが、基本的なカット編集、BGM音楽、テキスト、書き出しなど必要最低限の機能はそろっている。いつの間にか値段が上がったのでコスパは微妙になった。→さらに詳しく読む

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Macユーザーで動画作りを始めたい人には、まずApple公式動画編集ソフトiMovie for Macがおすすめ。

無料なのに基本的な動画編集機能がすべてそろっている。初心者の入門用としては最適。

ただしテキストの編集機能が弱い。使ってみて、もし物足りなければ高機能動画編集ソフトを検討することをおすすめする。→さらに詳しく読む

Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分5秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Microsoft製のWindows用のかつての標準動画編集ソフト。写真管理ソフトフォト内の動画機能。

細かいカスタマイズはほとんどできず、元からあるいくつかのテンプレートを使ってデザインを決める。4Kの読み込みは可能だが、出力はフルHDまで。最新のWindowsでは使えなくなっているが、『写真のレガシ』設定から利用可能。

現在の標準ソフトはClipchamp。Clipchampはテキスト編集に問題があり評価は微妙。機能が物足りない場合はPower Directorがおすすめ。→さらに詳しく読む

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分25秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
プロ用ソフトVegasProの廉価版。

様々な機能があるが、設計が古く今となっては使いづらい。書き出し速度もワースト。

使い方の情報が少ないので専門用語など知識がない人には使いにくい。ガイドブック付の購入は必須。→さらに詳しく読む

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分45秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac向けの動画編集ソフト。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、書き出しなどができる。

元は無料だったが、現在は有料。無料ダウンロードと公式には書いてあるが、何度か使うと有料版に誘導され使えなくなるので注意。

値段のわりに古い設計のソフトなので、あえてこのソフトを選ぶ理由はない。→さらに詳しく読む

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
10位 Clipchamp
Clipchamp動画編集ソフト

・無料版
・有料版(1,374円/月 or 13,724円/年)
Clipchamp
ダウンロード

Clipchamp
クチコミをよむ

Clipchamp
使い方記事

Microsoft標準の新しいWindows用の簡易的な動画編集ソフト。基本的なカット編集や、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、画面録画、縦動画対応、クロマキー、書き出し対応。

無料版で透かし(ロゴ・ウォーターマーク)なし、フルHD1080pでの書き出しなどができる。有料版は最大4K動画出力、プレミアム素材、エフェクトが利用可。

Clipchampはテキストのデザインがほとんどできないなど簡易的な動画編集ソフトであるため、使う場合は無料版一択。→さらに詳しく読む

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

▼11位以下のソフトはこちら(クリックで開く)
動画編集ソフト 特徴
GOM Mix Maxの無料版。基本的な動画編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、クロマキー、複数トラック、フルHDでの書き出しに対応。

Maxと比べて4K出力不可、プリセットやエフェクトの種類が少ない、書き出し中広告表示有。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
KENくんが1997年に開発した無料の動画編集ソフト。カット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、複数トラック、動画の書き出しなど基本的な機能が揃っている。

ソフトの導入方法が特殊で、ソフト本体や、拡張編集プラグイン、有志が開発したプラグインなどをダウンロード・組み合わせて使えるようにする必要がある。

パソコンの操作に不慣れな方にはおすすめできない

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分30秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Mac用のスライドショー作成無料ソフト。スライドデータを動画化することができる。

簡易的な自動動画を作る方法と、ナレーションを自分で撮ってタイミングを制御する方法がある。

あまり自由に動画編集はできない。同じスライドショーソフトであれば、PowerPointの方がまだ自由。

Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリーの動画編集ソフト。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能がある。

操作難易度は高い。使ってみて難しそうであればPower Directorがおすすめ。

Windows
Mac
Linux
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。初~中級者向け。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。テキストテロップの編集は自由度が低い。英語。

Windows
Mac

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分27秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
初心者向け動画編集ソフトGOM Mix Proの上位版で複数トラックに対応。入門~中級者向けの家庭用ソフト。

基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなどができる。

2023年6月にサブスク版は廃止され、買い切り版のみに。

・62%オフセール中13,000円→4,999円
・GOM Mix Max1,000円オフ(click) クーポンコード『MAX1000DOUGATEC』

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
入門者向けのシンプルな動画編集ソフト。家庭用の動画編集に必要な基本的な機能に特化しているため値段が有料ソフトの中では安い。

基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなどができる。Ver2.0では音楽トラックが2個に増えた。映像トラックは1つのまま。4Kは読み込みのみ、出力はフルHDまで。

・GOM Mix Pro1,000円オフ(click) クーポンコード『PRO1000DOUGATEC』

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分35秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Icecream Apps製の無料動画編集ソフト。写真や動画を使って簡単な動画を直感的に作ることができる。Microsoftフォトに似ているが、こちらは4K入出力対応で、ファイルの読み込みなどわかりやすくて使いやすい。

※有料のPROバージョン(3000円程度)が発売され、無料版には『タイムラインシーン数制限(20カット)』『透かし無し(10分間)』の制限が付いた。

Windows

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を50秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Microsoft製のプレゼン資料作成ソフト。実は動画も作ることが可能。

既存のパワポデータを簡易的に動画にしたり、テキスト、写真、音楽、動画の読み込みもできるので使い方によってはそこそこレベルの高い動画を作ることも可能。また4K動画も対応している。

ただしすでにパソコンにパワポが入っている人、かつ簡易的な動画を作りたい人のみおすすめ。パワポは有料だし、動画機能はあくまでおまけ程度。こだわって編集したい方はPower Directorがおすすめ。

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
初心者向けの機能豊富な家庭用動画編集ソフト。

基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、マイクを使ったアフレコ録音、クロマキー合成、モザイク、書き出しなどができる。

タイムラインは自動で隙間を埋める仕様なので初心者向け。フォントデザインのストローク幅調整不可。4Kは入力のみ。

・EaseUS Video Editor20%オフ(click) クーポンコード『DGTEC20』

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分44秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Microsoft製の無料動画編集ソフト。2017年に公式サポートが終わった。現在は外部ミラーサイトからソフトウェアのダウンロードが可能だが、セキュリティ上おすすめしない。

セキュリティ面からPowerDirectorがおすすめ。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を48秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
高機能な動画編集用ソフトのフリー版。

使いづらく情報が少ない。無料版はHD出力のみなので、フルHD主流の現在はおすすめしない。

Windows
Mac
Linux
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows用の無料動画編集ソフト。プロ版もあるが、無料版でも基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、書き出しなどが行える。長さ制限やロゴの透かし表示などもなし。

色々な機能があるこのソフトだが非常に使いづらいのでおすすめできない。とにかくボタンが多く、何がどこにあるか初見で分かりづらい。特にエフェクトやトランジションの編集画面がかなり難解。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。細かい部分で使えないところが多く、フリーとはいえおすすめできない。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。音量調整、テロップ、トランジション、吸着機能などに難あり。

Windows
Mac
Linux
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows用のフリーの動画編集ソフト。主な機能は、動画のカットトリミング、各種フィルタ、動画出力など限定的。

無料の動画編集ソフト紹介ページの多くに、このAvidemuxが載ってあるが当サイトではまったくおすすめしない。導入や使い勝手も悪く、必要な機能もない。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows用のフリー動画編集ソフト。大昔の規格なので現在はまったく使えない。

かなり使いにくいカット編集、明るさや色調補正、書き出しなど。
Windows

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows用のカットに特化した昔の動画編集ソフト。大昔の規格なので現在はまったく使えない。

Windows

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。

Power Directorと比べて、音声ミキサーとリップル編集が使いづらく、書き出し速度もかなり遅い。

またパソコン環境によってはソフトが強制終了や立ち上がらない不具合がでることがあるので注意。あえてVideoStudioを選択する理由は薄い。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分45秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
『みんなのフォト―ムービー』という名前でAmazonで販売されているが、中身はドイツ産まれの動画編集ソフト『NeroVideo』。

あたかも初心者向けで簡単なように見せているが実は多機能。カット編集、BGM、テロップ、トランジション、自動編集機能付きで、DVD、Blu-rayも焼ける。

インストールにやけに時間がかかり、動作も遅い。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray




1位 PowerDirector

PowerDirectorは、デジタル家電やソフトウェアなどの年間販売台数を決めるBCN AWARDで8年連続1位になったサイバーリンクの動画編集ソフトです。カット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、その他特殊効果、書き出しなどが行えます。動作も他のソフトと比べても軽く、使いやすいのが特徴です。

PowerDirector動画編集ソフト

運動会などのイベントや、結婚式用のスライドショー動画はもちろん、ビジネス用の会社PR動画など幅広く作ることができます。


また、付属ソフトのScreen Recoderでパソコン画面を自由に録画できる機能もあり、ゲーム実況動画の作成などにも使えます。



グリーンバック背景を使えば、カンタンに背景を抜くこともできます。ゲーム実況などに便利な機能です。

クロマキーPowerDirectorの使い方 動画編集ソフト クロマキーPowerDirectorの使い方 動画編集ソフト

通常版と上位版の違い

またサブスク通常版と上位版の違いですが、動画編集機能はまったく同じです。上位版にはさらに写真加工ソフト、音楽編集ソフト、動画の色調変更ソフトなどが付いてきます。

サブスク通常・上位版の違いとは?


PowerDirectorメリット

  • ・機能全部入り
  • ・書き出し速度が速い
  • ・初心者にも使いやすい
  • ・サブスク版はフリー素材が豊富

PowerDirectorポジティブなクチコミ


レビュー評価者

なみさん
40代・男性

★★★★☆
4.17

動画編集の初心者キット

これ1本で、ほとんどの編集ができるし、自然と動画編集のスキルが身に付いていきます。また、本当に無料なの?と思うぐらいエフェクトの種類が多いし、しかも高品質です。公式サイトを見れば、ちょっとした疑問やトラブルも容易に解決できる点も助かります。

レビュー評価者

ぽむりん
30代・女性

★★★★☆
4.50

長年の夢が叶いました!初めての動画編集ソフトにピッタリ!

まず、使いやすさです。そして次に音楽やエフェクトのクオリティや、数の多さです。視認性に優れたメニュー表示、サポートの手厚さ、操作性の良さ、全てが良いです。動画編集ソフト初心者の私でも、音楽やエフェクトを付ける作業で、プロ仕様の動画が作れました。それは、私自身のスキルではなく、このソフトの完成度の高さです。

レビュー評価者

よっちゃん
30代・男性

★★★★☆
4.00

動画編集初心者でも簡単に使えてかなり良い

動画編集初心者は絶対パワーディレクターで良いと思います。ノートパソコンでも、スペックがそこまで高くないパソコンでも使えるし良いです。機能性の面でも、ドラッグで出来る編集が多いので楽に編集できます。無料でもたくさん素材があるし追加でもダウンロードできるので素晴らしいソフトだなと思っています。



PowerDirectorデメリット

  • ・サブスク版は定期的に料金発生
    ※買い切り版もあり

PowerDirectorネガティブなクチコミ


レビュー評価者

きこり
女性

★★★☆☆
3.67

「メジャーじゃない」というところ

公式やユーザーがHow to動画・記事を上げているといっても、やはり日常会話でPower Directorの話をしても周りで使っている人はいませんでした。また、おしゃれな音楽やフィルター等は充実していないと思います。ユーザーたちがそれぞれ作成したものを共有してくれるのですが、素人感が否めません。

レビュー評価者

manekineko
30代・女性

★★★★☆
4.33

最初は戸惑うことも多い

最初は、本格的な画面に戸惑いましたが、操作しているうちになれていきます。動画をカットしたり、長さを変えたりするときも、拡大縮小ボタンがあるので、細かく指定できます。最初は戸惑うことも多くありましたが、同じ機能ばかり使用しているせいかそれほど戸惑うこともなくなりました。悪かった点は今のところ思いつきません。

レビュー評価者

ぽむりん
30代・女性

★★★★☆
4.50

強制終了することがあります

強制終了は初めて、動画編集をする方にとって不安になります。実際私も、かなり動画編集を進めている段階でこちらが起きたので大変ショックを受けた覚えがあります。後に、再度ソフトを開けば、問題なく編集中のものが残っていると分かったので、安心をしました。


PowerDirectorの機能表

動画編集ソフト 特徴
国内販売シェアNo1のサイバーリンクの優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。動画書き出し速度1位。※Mac版は画面録画、DVD、Blu-ray機能未実装。

運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPRや教育、セミナー動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフト。当サイト一番のおすすめ。

PowerDirector最大28%オフセール(click)6/2(日)まで
期間限定クーポンコード『dougatec2024』で6,030円/年(税込)

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を30秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

PowerDirectorの使い方解説記事・動画

【関連】PowerDirector使い方
【関連】動画で学ぶPowerDirector使い方



2位 Filmora

Filmoraは、Wondershare社が開発した家庭用の初心者~ミドルクラスまで対応したマルチなWindows/Mac用動画編集ソフトです。

Filmora動画編集ソフト

基本的なカット編集、BGM挿入、テキストテロップ、豊富なCGテンプレート、ナレーション録音、画面録画、自動編集、DVD焼などを簡単に使うことができます。特に注目なのがおしゃれなデザインテンプレートやCGエフェクトが多い点です。

買切りの永続ライセンスは8,480円と、同レベルの動画編集ソフトと比べて安いです。サブスク1年プランは6,980円なので、買い切り版の方が圧倒的にお得です。以前、買い切り版はメジャーアップデートが有料でしたが、現在は無料になりました。そのためやはりおすすめなのは買い切り版です。

業務利用などセキュリティ面や、最新の機能をいつも使いたい場合はサブスク版。家庭用で常に新バージョンを維持する必要がない場合は永続がおすすめです。


Filmoraのメリット

  • ・機能が豊富
  • ・デザインテンプレートやエフェクトがおしゃれ
  • ・買い切り版の値段が安い
  • ・サブスク版はアップデート無料
  • ・チュートリアル情報が豊富

Filmoraポジティブなクチコミ


レビュー評価者

DSKI
30代・男性

★★★☆☆
3.17

「使い方とか勉強したくない!」という方にオススメ

動画編集ソフトの使用経験はありませんでしたが、そんな私でも使いやすいと感じます。直感的に使えるので、簡単な編集にはとても便利です。また、トランジションやエフェクトなども様々なバリエーションがあり、ドラック&ドロップで使用できる点も初心者にはありがたいです。

レビュー評価者

副業会社員
30代・男性

★★★☆☆
3.33

初心者でも編集できました。

直感的なインターフェイスを持っており、初心者でも簡単に操作できます。ドラッグアンドドロップで動画や音声を追加したり、カットしたり、トリミングしたりできます。また、エフェクトやテキストやトランジションなどの多彩な機能も、ワンクリックで適用できます。

レビュー評価者

ゲン
30代・男性

★★★☆☆
3.33

filmora使用して約3年間、草野球の動画をアップロードしました!

いくつかの動画編集ソフトを利用しましたが使いやすさは良い方かと思います。感覚的に操作できるので一般的な編集は問題なくできます。ちよっこ凝った編集をしたい場合は参考動画を参考にすることになるかと思います。無料で色々な素材を使えるものいいです。



Filmoraのデメリット

  • ・全体のオーディオミキサーが動画を再生しながら使えない
  • ・Blu-ray焼ができない
  • ・買い切り版を新バージョンにするにはもう一度購入する必要がある。サブスク版はアップデート無料。

Filmoraネガティブなクチコミ


レビュー評価者

T-RoomStudio
30代・男性

★★★★☆
4.00

「メジャーじゃない」というところ

・旧バージョン時:フリーズや強制終了が多かった。
・旧バージョン時:キーボードカスタマイズが使えなかった。
・メジャーバージョンアップ後はバグが多い可能性が高い。
・選択できるテキスト装飾のテンプレートのデザインが良くないものが多い。
・入門者、初心者ターゲットのソフトにしては、エクスポート時の設定項目のカスタムが細かすぎる。

レビュー評価者

時の掠り
20代・男性

★★★☆☆
3.33

YouTubeへ投稿するゲーム動画の編集を行った上での感想

悪かったところは特にこれといって思いつかないが、強いて言えば大きいサイズのメディアをインポートする際、毎回のように注意文が出てきてそれを消すのが少し面倒臭いと感じる。他には、3Dテキストが複数用意されているのだが、そのどれもがデザイン的に優れていないように感じられる。

レビュー評価者

とむ
男性

★★★☆☆
3.17

いまはかなり改善されている

初期のころはスピードランプがつかえなかったが今は既存の操作で使えるようになった。細かな操作がしにくい部分があったことは確かだがいまはかなり改善されています。





Filmora機能表

動画編集ソフト 概要
Filmoraは、Wondershare社が開発した家庭用の初心者~ミドルクラスまで対応したマルチなWindows/Mac用動画編集ソフト。

基本的なカット編集、BGM挿入、テキストテロップ、豊富なCGテンプレート、ナレーション録音、画面録画、自動編集、DVD焼などを簡単に使うことができる。特に注目なのがおしゃれなデザインテンプレートやCGエフェクトが多い点。

ライバルのPowerDirectorと比べるといくつかの主要機能がないが、その分、買い切り版は安い。

FilmoraFilmora最大29%オフ(click)

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Filmoraの使い方解説記事・動画

【関連】Filmora使い方
【関連】動画で学ぶFilmora使い方



3位 Filme

Filme(フィルミ)はWindows/Mac用の入門者向けの家庭用動画編集ソフトです。基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなど動画編集に必要な最低限の機能があります。

Ver4.0から4K対応、ナレーション録音、画面録画が可能になりました。

動画編集ソフトFilmeの使い方

値段はずっと使える永久ライセンスが5,280円と、かなりリーズナブルです。家庭用の記念動画などちょっとした動画編集をしたい方にはおすすめです。高度な編集やYouTuber、業務用には向きません。


Filmeのメリット

  • ・初心者にも使いやすい
  • ・値段が安い
  • ・動作が軽い

Filmeのデメリット

  • ・新バージョンで一部不具合が発生する場合がある

Filme機能表

動画編集ソフト 特徴
初心者向きのリーズナブルで使いやすい簡易的な動画編集ソフト。

基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなどができる。Ver4.0から4K対応、ナレーション録音、画面録画ができるようになった。

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分5秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Filmeの使い方解説記事・動画

【関連】Filme使い方



4位 Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elements(アドビ プレミア エレメンツ)とは、2021年に発売された初心者~中級者向けの動画編集ソフトです。

動画編集ソフトAdobe Premiere Elementsの使い方

Adobe(アドビ)社はプロ向けの動画編集ソフトなど、CG関連全般で世界的なシェアを持つ会社です。そのAdobe社が一般向けに作ったソフトなので、機能はプロ用並みに充実しています。

ただし高機能な反面、パソコンによっては動作が重い場合があります。一度体験版を使ってみて自分のパソコンにあうか必ず確認してください。

2021年になって、ようやくスマホなどの縦動画や正方形動画に対応しました。待ちに待った機能です。

Ver2019からなぜかBlu-ray焼き機能のみ削除され、現在はDVDしか焼くことができません。Blu-rayを焼く予定がある場合はPower Directorをおすすめします。


Adobe Premiere Elementsのメリット

  • ・操作性が良い
  • ・初心者向けのクイックモードがある
  • ・スライドショー動画の自動作成機能が優秀

Adobe Premiere Elementsのデメリット

  • ・家庭用としては値段が最も高い
  • ・パソコンによっては動作が重い
  • ・テキストのデザイン機能が若干わかりにくい
  • ・Blu-ray焼機能が削除された

Adobe Premiere Elementsの機能表

動画編集ソフト 特徴
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。かなりの高機能で、色々なことができる。

しかし、年々、値上げしており、家庭用動画編集ソフトとしては高すぎる。パソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンだと扱いづらい。また高機能すぎて一般向けというより、本格的に動画作りを始める人向けという印象。Ver2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。2022から縦動画、正方形動画に対応。

初心者向けにはPower Director、もしくはいっそのことプロ版のAdobe Premiere Proがおすすめ。

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分15秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Adobe Premiere Elementsの使い方解説記事・動画

【関連】Adobe Premiere Elementsの使い方
【関連】動画で学ぶAdobe Premiere Proの使い方



5位 Movavi Video Editor

Movavi Video Editorは、動画編集の入門者向けの安価な有料ソフトウェアです。基本的なカット編集、BGMの挿入、豊富なフィルタや、シンプルな構成で初心者向きにやさしい設計になっているのが特徴です。

動画編集ソフトMovavi Video Editor 14インターフェイス


シンプルなソフトなので、特にパソコン操作に自信のない方や、動画編集をしたことない方などにおすすめです。いつの間にか値段が倍近く上がったので微妙なコスパになりました。


Movavi Video Editorのメリット

  • ・初心者でも編集しやすい

Movavi Video Editorのデメリット

  • ・料金が上がりコスパが悪くなった
  • ・機能が少ない
  • ・チュートリアル情報が少ない

Movavi Video Editor機能表

動画編集ソフト 特徴
シンプルで使いやすい格安動画編集ソフト。高度な編集機能はないが、基本的なカット編集、BGM音楽、テキスト、書き出しなど必要最低限の機能はそろっている。いつの間にか値段が上がったのでコスパは微妙になった。

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Movavi Video Editorの使い方解説記事・動画

【関連】Movavi Video Editorの使い方



6位 iMovie

iMovieとは、Apple社が提供しているフリーの動画編集ソフトです。iMovieはかつては1,500円ほどでしたが、現在は無料で公開されています。

動画編集ソフトiMovie(ver10)画面

iMovieは、シンプルで直感的に操作ができる初心者向きの動画編集ソフトです。動画、写真の取り込み、基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、音声編集、テキストテロップ(タイトル)の挿入、トランジション効果、ピクチャーインピクチャー、画質調整、手振れ補正等、無料とは思えないほど充実した機能を持っています。


Macパソコンを持っているなら、まず一度使ってみることをおすすめします。


iMovieのメリット

  • ・Macに初めから入っている
  • ・初心者にも使いやすい
  • ・完全無料

iMovieポジティブなクチコミ


レビュー評価者

あんず
40代・女性

★★★★☆
4.00

動画編集が初めてでも躓かない動画編集ソフト

Macに標準搭載されているのでインストールの必要がありません。初めての方が使用しても動画編集をすること自体が嫌いになるどころか、楽しさを感じられる動画編集ソフトだと思います。難しい説明なしに、ここをクリックすればタイトル画像が作れるのかな?などと触りながら覚えられるところも良いところです。

レビュー評価者

acidman
30代・男性

★★★★☆
4.00

Mac標準品の直感的な操作感の高コスパ動画編集ソフト

初心者にも非常に使いやすい動画編集のソフトウェアだと思います。Macらしい直感的なインタフェースと簡単なドラッグアンドドロップ操作でビデオクリップや写真を編集できます。基本的な編集機能はわかりやすく、誰でも簡単にすぐに使いこなせると思います。

レビュー評価者

ラガポン

★★★★☆
4.00

動画入門の最適解

動画編集アプリとしては必要最低限の内容ですが、最初の入門には十分以上な内容でもあります。操作周りもシンプルに纏まっており、PC慣れしていればマニュアルなしでも直感的に理解できるほどフレンドリーです。



iMovieのデメリット

  • ・テキストテロップのデザイン機能が弱い

iMovieネガティブなクチコミ


レビュー評価者

びーさん
40代・男性

★★★☆☆
3.67

初心者向けではあるが、超初心者は学ぶ姿勢が必要で若くなければ直感では使えない。

一度仕組みを覚えてしまえば、誰でも使える良いソフトであることは間違いがない。よく直感で操作できるといった口コミがあるが、私のような動画編集に携わったことのない人間は、タイトルの通り学ぶ姿勢を持って覚えなければ、サクッと動画作れるわけではない。しかしながら、使い方の雰囲気を覚えてしまえば、他の機能にも応用が効くので、使いやすい部類だと思います。

レビュー評価者

さくら
30代・女性

★★★☆☆
3.50

初心者向け

良くも悪くも初心者向けツールなのでプロの動画編集者向けの機能には限りがあると思います。あとカスタムプラグインやサードパーティーの拡張機能のサポートも限定的で自分独自のエフェクトや機能を追加することが難しいと思います。高解像度の動画に対して負荷がかかり重くなったりして扱いずらくなる事もあります。

レビュー評価者

ラガポン

★★★☆☆
3.83

唯一の不満点タイトル・キャプション

唯一の不満点はタイトル・キャプションのテキスト位置を任意に設定できないことです。必要な場合はテキストではなく、画像や動画の方の位置調整で対応しなければなりません。本アプリから別の有料アプリに切り替えるとしたら、おそらく皆さんこの点が理由ではないでしょうか。作業に慣れてくるほどに、テキスト周りでストレスを感じるようになるはずです。


iMovie機能表

動画編集ソフト 概要
Macユーザーで動画作りを始めたい人には、まずApple公式動画編集ソフトiMovie for Macがおすすめ。

無料なのに基本的な動画編集機能がすべてそろっている。初心者の入門用としては最適。

ただしテキストの編集機能が弱い。

Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分5秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

iMovieの使い方解説記事・動画

【関連】iMovieの使い方
【関連】動画で学ぶiMovieの使い方



7位 Microsoftフォト

Microsoftビデオエディター(フォト)は、Windowsに初めから入っていたMicrosoft製の元標準動画編集ソフトです。

動画編集ソフトMicrosoftフォト

現在は、Microsoftの無料動画編集ソフトClipchampがフォトに代わって公式ソフトになっています。しかしClipchampはテキストデザインの編集に自由度がないため微妙。フォトは『写真のレガシ』という設定で復活できるので試してみる価値あり。ただ、どちらもかなり簡易的なソフトなのであまり期待しない方が良いでしょう。


Microsoftフォトのメリット

  • ・Windows10/11に初めから入っている
  • ・初心者でも操作しやすい
  • ・完全無料

Microsoftフォトのデメリット

  • ・機能が少ない
  • ・細かい編集ができない
  • ・複数トラック編集ができない

Microsoftフォト機能表

動画編集ソフト 特徴
Microsoft製のWindows用のひとつ前の標準の動画編集フリーソフト。写真管理ソフトフォト内の動画機能。

細かいカスタマイズはほとんどできず、元からあるいくつかのテンプレートを使ってデザインを決める。4Kの読み込みは可能だが、出力はフルHDまで。最新のWindowsでは使えなくなっているが、『写真のレガシ』設定から利用可能。

現在の標準ソフトはClipchamp。Clipchampはテキスト編集に問題があり評価は微妙。機能が物足りない場合はPower Directorがおすすめ。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分25秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Microsoftフォトの使い方解説記事・動画

【関連】Microsoftフォト使い方
【関連】動画で学ぶMicrosoftフォト使い方



8位 MovieStudio

高機能な動画編集ソフト。様々な機能がありますが、現在では設計が古く使いづらくなっています。動作が速いといわれていますが、書き出し速度はワースト1位。

VEGAS MovieStudio17の使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト ベガスムービースタジオ入門

またマニュアル類が少なく、サポートも英語であるため、動画編集の専門用語を自分で調べていく必要が出てきます。初心者向けのマニュアル付でも販売しているので、マニュアル付の購入は必須。ちなみに他の動画編集ソフトに慣れていると苦労します。


MovieStudioのメリット

  • ・料金が安い
  • ・そこそこ高機能

MovieStudioのデメリット

  • ・設計が古く使いにくい
  • ・チュートリアル情報が少なく、サポートが英語
  • ・書き出し速度が遅い

MovieStudio機能表

動画編集ソフト 特徴
プロ用ソフトVegasProの廉価版。

様々な機能があるが、設計が古く今となっては使いづらい。書き出し速度もワースト。

使い方の情報が少ないので専門用語など知識がない人には使いにくい。ガイドブック付の購入は必須。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分45秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

MovieStudioの使い方解説記事・動画

【関連】MovieStudio使い方
【関連】動画で学ぶMovieStudio使い方



9位 VideoPad

VideoPadとは、Windows/Mac用の動画編集ソフトです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、書き出しなどができます。

動画編集ソフトVideoPadの使い方

元は無料のソフトでしたが、現在は有料です。無料ダウンロードと書いており、使うことができますが、数回使うと制限がかかり有料版へ誘導されます。


機能やソフトの作りは古さを感じさせ、有料であえてこのソフトを選ぶ理由はほぼありません。


VideoPadのメリット

  • ・初心者でも使いやすい

VideoPadのデメリット

  • ・公式では無料を押し出しているが実際は有料
  • ・無料版は数回書き出すと使えなくなる

VideoPad機能表

動画編集ソフト 特徴
Windows/Mac向けの動画編集ソフト。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、書き出しなどができる。

元は無料だったが、現在は有料。無料ダウンロードと公式には書いてあるが、何度か使うと有料版に誘導され使えなくなるので注意。

値段のわりに古い設計のソフトなので、あえてこのソフトを選ぶ理由はない。

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

VideoPadの使い方解説記事・動画

【関連】VideoPad使い方



10位 Clipchamp

Clipchampは、Microsoft社が提供している無料で使える動画編集ソフトです。ブラウザを使って動画編集できるオンライン版と、Windowsパソコンにインストールして動画編集するアプリ版があります。Windows11のパソコンには標準インストールされているので気軽に使うことができます。

Microsoft Clipchamp動画編集ソフト

Windowsの無料動画編集ソフトといえば、かつてはWindowsムービーメーカーや、Microsoftフォトでした。しかし、マイクロソフトは公式で、現在はこのClipchampをWindowsの標準動画編集ソフトとしておすすめしています。

Clipchampは基本的なカット編集や、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出し機能があります。また画面録画、縦動画対応、クロマキーなども使えます。

無料版で透かし(ロゴ・ウォーターマーク)なし、フルHD1080pでの書き出しなどができます。有料版は最大4K動画出力、プレミアム素材、エフェクトが利用可になるなど機能が増えます。



Clipchampのメリット

  • ・完全無料
  • ・初心者でもわかりやすい設計
  • ・複数トラック有

Clipchampのデメリット

  • ・テキストのデザインが不自由
  • ・無料版は4K出力ができない
  • ・オーディオミキサーがない

Clipchamp機能表

動画編集ソフト 特徴
Clipchamp
Clipchamp動画編集ソフト

・無料版
・有料版(1,374円/月 or 13,724円/年)
Clipchamp
ダウンロード

Clipchamp
クチコミをよむ

Clipchamp
使い方記事

Microsoft標準の新しいWindows用の簡易的な動画編集ソフト。基本的なカット編集や、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、画面録画、縦動画対応、クロマキー、書き出し対応。

無料版で透かし(ロゴ・ウォーターマーク)なし、フルHD1080pでの書き出しなどができる。有料版は最大4K動画出力、プレミアム素材、エフェクトが利用可。

Clipchampはテキストのデザインがほとんどできないなど簡易的な動画編集ソフトであるため、使う場合は無料版一択。
Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Clipchampの使い方解説記事・動画

【関連】Clipchamp使い方



11位以下の動画編集ソフト

▼11位以下ソフトはこちら(クリックで開く)

11位 GOM Mix

GOM Mixは、GOMプレイヤーやエンコーダーなど映像関連ソフトで有名なGOM & Companyが2023年にリリースした入門者向けの無料家庭用ソフトです。

GOM Mixの機能紹介 無料動画編集ソフト

以前から入門者向けのGOM Mix Pro(有料)や、上位版のGOM Mix Max(有料)という動画編集ソフトがあったのですが、GOM MixはGOM Mix Maxの無料版です。無料版なのでいくつかの機能は省かれていますが、基本的な動画編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、クロマキー、複数トラック、フルHDでの書き出しに対応しています。


また、動画の書き出し(エクスポート)は、無料会員登録とログインは必須です。その他、書き出し中などに広告バナー表示があります。


GOM Mixのメリット

  • ・完全無料
  • ・初心者でもわかりやすい設計
  • ・複数トラック有

GOM Mixのデメリット

  • ・4K出力ができない
  • ・エフェクトの使い方が初見は難しい
  • ・オーディオミキサーがない
  • ・書き出し時に広告表示がある

GOM Mixの使い方解説記事・動画

【関連】GOM Mixの使い方



12位 AviUtl

KENくんという個人が1997年に開発した無料の動画編集ソフトです。カット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、複数トラック、動画の書き出しなど基本的な機能が揃っています。

動画編集フリーソフトAviUtlの使い方

本体のみだとできることは限られていますが、公式の拡張編集プラグインを導入したり、有志が開発したプラグインなどを導入すれば、できることがかなり増えます。


導入は普通の動画編集ソフトと違って、自分でソフト本体、拡張編集プラグイン、その他必須のプラグインをダウンロードし、フォルダに展開しなければいけません。


調べればかなり多くの情報が見つかりますが、パソコンに不慣れな方だと難しいです。また、現在はもっとカンタンに導入できるフリーの動画編集ソフトもあるので、あえてAviUtlを選ぶ理由は少ないです。


2019年に久しぶりにアップデートがありました。しかし現在主流の64ビットソフトではなく32ビットのままです。そのため、4Kなど高画質の動画編集には向きません。


AviUtlのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し
  • ・豊富な外部プラグインで色々な機能を後付けできる

AviUtlポジティブなクチコミ


レビュー評価者

ヒロマサ
30代・男性

★★★☆☆
3.50

無料ソフトなので、動画編集が気になる人にオススメ

良い意味でよけいな物が入っていないので、自由にカスタマイズ可能です。もちろん、初期設定のままでは使い物になりませんが、プラグインを導入することによって、有料ソフトと変わらない性能に大化けします。もちろん、プラグインも無料で配布されているので、本当に完全フリーで利用できる優秀な編集ソフトです。

レビュー評価者

櫻井
20代・男性

★★★★☆
4.33

無料で高機能というのがとにかく良い

初心者が動画編集をしようと思っても、高性能なPCを買う必要があったり、月額で金を払う必要があったり、無料で使えても低機能だったり...みたいな悩みが多発するので、それを全部一度に解決してくれるのは本当にありがたい。

レビュー評価者

いしもり
20代・女性

★★★☆☆
3.67

何よりも無料で始めようと思った時にすぐ始めやすい

慣れれば簡単に動画を作れるので、自分で調べて作れる人であれば問題なく使えると思います。動画に簡単なアニメーションを付ける、字幕を付けるのは簡単で、基本的な動画であれば不自由なく作成できます。



AviUtlのデメリット

  • ・古い32ビットソフトなのでフルHD編集はギリギリ向かない
  • ・導入方法がPC初心者には難しい
  • ・操作方法も独特

AviUtlネガティブなクチコミ


レビュー評価者

編集志太郎
50代・男性

★★★☆☆
3.33

導入が煩雑で難しく特にPC初心者には敷居が高い

多用なプラグインを導入することで機能的にはプロ用編集ソフトに匹敵するようになりますが、導入が煩雑で難しく特にPC初心者には敷居が高いです。設計も古く32ビット版ということでメモリー不足に陥りやすく不安定になりがちです。操作性も良いとは言えず慣れるまで時間がかかります。

レビュー評価者

はんてん
50代・男性

★★★☆☆
3.33

最初のインストールから初期設定までの過程が難しい!

初心者には、解説サイトがなければ、断念してしまいそうな難しさがあります。エフェクトを多く重ねた動画の編集では重くなり固まりやすい。職場で採用されるソフトは有名有料ソフトが多いので、本ソフトは趣味の範囲での利用しか生かせない。

レビュー評価者

mlta
40代・男性

★★★☆☆
3.83

初期設定が少々面倒

必要最低限のプラグインで構成されているため、扱うファイルの種類によっては別途プラグインを導入する必要があります。また動画のプレビュー機能が無く、確認作業は編集画面上で再生して行う事になるため些細なミスクリックが大きな編集事故に繋がる可能性があります。独自の進化を遂げた拡張機能が多いため、これに慣れ過ぎてしまうと他の編集ソフトが使いにくく感じます。


AviUtlの使い方解説記事・動画

【関連】AviUtl使い方


13位 Keynote

Keynoteは、Mac用のプレゼンテーションスライド作成のソフトです。テキストや写真、音楽、動画などを組み合わせたスライショーを作ることができます。

Keynoteのスライドを動画化する方法

通常はマウスでクリックして、次のテキストを表示させたり、次のスライドを表示させたりします。しかし実はこのスライドデータを簡易的に動画化することができるのです。


1つ目の方法は、指定した秒数でどんどん次の項目が表示されていく自動動画。2つ目は自分の声とマウスクリックのタイミングを記録し動画化する方法があります。


Keynoteのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し
  • ・Keynoteユーザーには使いやすい

Keynoteのデメリット

  • ・細かい動画編集はできない

Keynoteの使い方解説記事・動画

【関連】Keynote使い方


14位 Shotcut(ショットカット)

ShotcutはWindows用のフリーの動画編集ソフトです。開発はアメリカのMeltytech, LLC。


無料ですがプロ向けに近い画面構成と機能です。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能があります。

Shotcut画面

高度な機能たくさんがあるので、操作が難しく、初めての方にはあまりおすすめできません。また音量調整機能も未熟で使いづらいです。Lightworksよりは優しい設計。


Shotcutのメリット

  • ・完全無料
  • ・高機能
  • ・透かしなどなし

Shotcutのデメリット

  • ・操作性が悪い
  • ・音量ミキサー機能が未熟
  • ・チュートリアル情報が少ない

Shotcutの使い方解説記事・動画

【関連】Shotcutの使い方
【関連】動画で学ぶShotcutの使い方


15位 Olive

Oliveは、Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフトです。フリーソフトですが本格的な動画編集機能があり、使いやすいです。初心者向けというより中級者向けのフリーソフトといっていいでしょう。

動画編集ソフトOlive

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。テキストテロップの編集に関しては自由度が低く、扱いづらいです。


英語のソフトですが、あまり難しい内容ではないので直感的に操作できます。


Oliveのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

Oliveのデメリット

  • ・操作が独特で初心者には使いにくい
  • ・書き出し速度が遅い

Oliveの使い方解説記事・動画

【関連】Oliveの使い方
【関連】動画で学ぶOliveの使い方


16位 GOM Mix Max

GOM Mix Maxは、GOMプレイヤーやエンコーダーなど映像関連ソフトで有名なGOM & Companyが2021年に発売した入門~中級者向けの家庭用ソフトです。

動画編集ソフトGOM Mix Max

以前から入門者向けのGOM Mix Proという動画編集ソフトがあったのですが、GOM Mix Maxはその上位版です。GOM Mix Proが1画面に複数の動画を合成する複数トラック未対応だったのに対し、GOM Mix Maxは複数トラックに対応しています。

2023年6月にサブスク版は廃止され、買い切り版のみになりました。


GOM Mix Maxのメリット

  • ・GOM Mix Proから進化して複数トラックが使える

GOM Mix Maxのデメリット

  • ・機能の割に値段が高い
  • ・トランジション機能が独特で非常に使いづらい

GOM Mix Maxの使い方解説記事・動画

【関連】GOM Mix Max使い方


17位 GOM Mix Pro

GOM Mix Pro(ゴムミックスプロ)は、動画編集の入門者向けの家庭用ソフトです。

動画編集ソフトGOM Mix Proの画面

他の有料動画編集ソフトが、多機能、高機能すぎて操作が難しい中、GOM Mix Proは初心者に優しい設計のソフトです。専門用語もほぼなく、各種機能も必要最低限に絞られているのでとても分かりやすいのが特徴です。


機能が限られているとはいえ、基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなど、家庭用ソフトとして必要な機能はすべてそろっています。また高度な機能が省かれている分、料金がとても安く5,500円※キャンペーン中(40%オフ→3,300円)

2017年発売の新しいソフトですが、アップデートするたびにどんどん良いソフトになってきています。ただし、複数の映像トラックの追加はできないので、自分の思い通りに色々細かく編集したい人には不向きです。


GOM Mix Proのメリット

  • ・値段が安い
  • ・初心者にも使いやすい

GOM Mix Proのデメリット

  • ・複数トラック編集ができない
  • ・所々日本語が間違っている
  • ・4K出力ができない

GOM Mix Proの使い方解説記事・動画

【関連】GOM Mix Proの使い方
【関連】動画で学ぶGOM Mix Proの使い方


18位 Icecream VideoEditor

Icecream Appsが無料で公開しているシンプルな入門向けWindows向け動画編集ソフトです。作りはMicrosoftフォトに似ています。内容はすべて英語ですが特に難しい内容もなく、直感的に動画編集ができるのが特徴です。

IcecreamVideoEditor

基本的なカット編集、BGMの挿入、テロップ、トランジション、4K入出力、縦動画対応などの一般的な機能+αをすべて持っている初心者向けの内容になっています。


※有料のPROバージョン(4,000円程度)が発売され、無料版には『タイムラインシーン数制限(20カット)』『透かし無し(10分間)』の制限が付きました。


Icecream VideoEditorのメリット

  • ・初心者にも使いやすい

Icecream VideoEditorのデメリット

  • ・完全無料から一部有料になった
  • ・無料版は20カットまでの制限付き
  • ・透かしなしは10分まで

Icecream VideoEditorの使い方解説記事・動画

【関連】Icecream VideoEditorの使い方
【関連】動画で学ぶIcecream VideoEditorの使い方


19位 PowerPoint

PowerPointはMicrosoft製のプレゼンテーション資料の作成ソフトです。基本的にはマウスクリックで次のページに進むスライドショー作成ソフトなのですが、実は既存のプレゼンデータなどを基に動画を作ることもできます。

PowerPoint資料 PowerPointで動画を作る方法

1枚何秒間表示されるか一括指定したり、すべてのタイミングを制御した動画を作ることも可能です。またテキストテロップ、写真、動画、音楽データの入力、表示効果のアニメーションのテンプレートもたくさんあります。


PowerPointのメリット

  • ・PowerPointユーザーには使いやすい
  • ・既存のパワポデータをそのまま動画に変換できる

PowerPointのデメリット

  • ・PowerPointを持っていないと割高
  • ・細かい動画編集には向かない
  • ・パソコン環境によってはエラーで使えない

PowerPointの使い方解説記事・動画

【関連】PowerPointの使い方
【関連】動画で学ぶPowerPointの使い方


20位 EaseUS Video Editor

EaseUS Video EditorはWindows用の入門者向けの家庭用動画編集ソフトです。基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなど動画編集に必要な最低限の機能と、マイクを使ったアフレコ録音、クロマキー合成、モザイクなどのリッチな機能もあります。

動画編集ソフトEaseUS Video Editor

値段はずっと使える永久ライセンスが税込10,549円。月払いのサブスクリプション版は1ヵ月税込3,949円、1年税込6,589円です。1年以上使う予定の方は永久ライセンスを強くおすすめします。


EaseUS Video Editorのメリット

  • ・初心者にも使いやすい
  • ・機能も多い

EaseUS Video Editorのデメリット

  • ・機能数に対して値段が高い
  • ・書き出し速度が速くない
  • ・チュートリアル情報が少ない

EaseUS Video Editorの使い方解説記事・動画

【関連】EaseUS Video Editor使い方


21位 Windowsムービーメーカー

※2017年にサポートが終わり、公式配布も終了。外部ミラーサイトからソフトウェアのダウンロードは可能。


Microソフト製のWindows用無料動画編集ソフトです。無料で使えることは魅力的ですが、インターフェイスが独特で、直感的に分かりづらい。

Windowsムービーメーカーインターフェイス

写真を使ったスライドショーの作成など、簡易的な動画編集にはおすすめ。


しかし、ずっとこのソフトで動画編集を続けるのはセキュリティ面でおすすめできません。


Windowsムービーメーカーのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

Windowsムービーメーカーのデメリット

  • ・Microsoft公式サポートがすでに終了済み
  • ・違法アップロードサイトからしかダウンロードできない
  • ・操作が独特

Windowsムービーメーカーの使い方解説記事・動画

【関連】Windowsムービーメーカーの使い方
【関連】動画で学ぶWindowsムービーメーカーの使い方


22位 Lightworks

元はプロ用の有料ソフト。オープン化し、基本的な機能は無料で公開されています。

LighthWorksインターフェイス

プロ用だけあって、無料とは思えない機能がついています。ただし、使い勝手が悪く、あまり初心者向けとはいえません。使い方情報も少ないので、どうしてもフリー・無料で動画編集がしたい人にはおすすめです。


Lightworksのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

Lightworksのデメリット

  • ・フルHDでの書き出しは有料版のみになった
  • ・操作性が独特
  • ・チュートリアル情報が少ない

Lightworks口コミ・評判

レビュー評価者

カラカラ・40代・男性

★★★☆☆
3.50

編集が楽になるソフト!

初期設定が英語なので、少し面倒に感じるは最初だけです。慣れてしまえばツールが分かりやすく・便利なのでオススメです。無料版と有料版がありますが、無料版でも機能が充実している点が魅力的です。他の有料ソフトと比べても負けないぐらい快適に作業できます。無料版でもノンストレスです。


Lightworksの使い方解説記事・動画

【関連】Lightworks使い方


23位 VSDC Free Video Editor

VSDC Free Video Editorは、Flash-Integro LLCが開発したWindows用の動画編集ソフトです。プロ版もありますが、無料版でも基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、書き出しなどが行えます。長さ制限やロゴの透かし表示などもありません。


色々な機能があるこのソフトですが難点があります。それは非常に使いづらい、ということです。とにかくボタンが多く、何がどこにあるか初見で分かる人はいないでしょう。動画編集ソフトを30本以上レビューしてきた私でも理解するのにものすごく時間がかかりました。無料とはいえ、おすすめはできません。


特にエフェクトやトランジションの編集画面がかなり難解で、なぜ別画面に表示されてしまうのか謎です。


どうしても使いたい場合は公式ページに使い方ヘルプがあるので、それを参考にしてみてください。

動画編集ソフトVSDC Free Video Editor編集画面

VSDC Free Video Editorのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

VSDC Free Video Editorのデメリット

  • ・操作性が非常に悪い
  • ・エフェクト/トランジション設定が難解
  • ・チュートリアル情報が少ない

VSDC Free Video Editorの使い方解説記事・動画

【関連】VSDC Free Video Editor使い方



24位 OpenShot Video Editor

OpenShot Video Editorは、Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフトです。正直使い勝手が悪く、また機能にも不具合が多いのでおすすめできないソフトです。

OpenShot Video Editor

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。


しかし、細かい部分でできないことが多く、使い物になりません。例えば音量調整機能はほぼ機能していませんし、タイムラインを再生すると初めに変な音が入ります。テキストの編集も自由度が低く、素材の吸着機能も弱いのでキレイに並べることができません。


フリーとはいえ、あえてこのソフトを使う理由はないでしょう。


OpenShot Video Editorのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

OpenShot Video Editorのデメリット

  • ・操作性が悪い
  • ・不具合が多い
  • ・細かい動画編集ができない

OpenShot Video Editorの使い方解説記事・動画

【関連】OpenShot Video Editor使い方


25位 Avidemux(エイブイアイデマックス)

AvidemuxはWindows用のフリーの動画編集ソフトです。動画編集ソフトといってもできることはあまり多くありません。主な機能は、動画のカットトリミング、各種フィルタ、動画出力など。

ソフト編集画面 動画編集ソフトAvidemuxエイブイアイデマックス入門

無料の動画編集ソフト紹介ページの多くに、このAvidemuxが載ってありますが当サイトではまったくおすすめしません。導入や使い勝手も悪く、機能も必要なものがほとんどありません。


無料の動画編集ソフトを使いたい場合は、Windows10の方はフォトがおすすめ。より高機能なフリーソフトはShotcutですが、不慣れだと使いにくいです。有料でも良い場合はPower Directorがおすすめ。

Avidemuxのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

Avidemuxのデメリット

  • ・導入も操作方法も難しい
  • ・必要な機能が少ない
  • ・チュートリアル情報が少ない

Avidemuxの使い方解説記事・動画

【関連】Avidemux使い方


26位 VirtualDub(バーチャルダブ)

VirtualDubは、Windows用のフリー動画編集ソフトです。かなり大昔のソフトなので、2020年現在主流の動画編集とは比べものにならないくらい機能が少ないソフトです。また基本的にはavi形式での編集なので時代にそぐわない過去のソフトといってもいいでしょう。


動画編集ソフトのおすすめ記事などでよく掲載されていますが、そういうサイトは使ってもいないのに数合わせで掲載しているので注意してください。当サイトでは注意喚起として掲載しています。特別な理由がない限り使わないでください。

動画編集フリーソフトVirtualDub

かなり使いにくいカット編集、明るさや色調補正、書き出しなどができます。


専用プラグインを読み込めばwmvなどのファイルも読み込めますが、フリーでよい動画編集ソフトがある中、あえてこれを選ぶ必要はありません。


VirtualDubのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

VirtualDubのデメリット

  • ・大昔のソフトなので機能的に現在はほとんど使えない
  • ・専用プラグインを読み込まないと色々な動画形式に対応していない
  • ・チュートリアル情報が少ない

VirtualDubの使い方解説記事・動画

【関連】VirtualDub使い方


27位 Free Video Editor

Free Video Editorは、Windows用のカット専門の古い動画編集ソフトです。かつてはフリーソフトでしたが、現在は年19$か買い切りで29$の有料ソフトです。無料版では出力した動画にウォーターマークが入るの注意してください。

基本的には入力した動画の必要な部分を複数指定してカットするのに特化したソフトです。2020年主流の動画編集ソフトとは別物です。


動画編集ソフトのおすすめ記事などでよく掲載されていますが、そういうサイトは使ってもいないのに数合わせで掲載しているので注意してください。当サイトでは注意喚起として掲載しています。特別な理由がない限り使わないでください。

動画編集ソフトFree Video Editor 画面

Free Video Editorのメリット

  • ・特になし

Free Video Editorのデメリット

  • ・無料版には透かしウォーターマークが入る
  • ・簡易的な機能すぎて使えない
  • ・チュートリアル情報が少ない

Free Video Editorの使い方解説記事・動画

【関連】Free Video Editor使い方


VideoStudio

VideoStudio2021は、2021年に発売された新バージョンの家庭用の動画編集ソフトです。開発したCorel(コーレル)社は、カナダのソフトウェアメーカーです。Corelは、動画編集ソフトや、CGイラスト、写真に関するソフトなどを販売しています。


基本的なカット編集、テキストテロップ、BGM音楽、トランジション効果など、動画編集に必要な機能はすべてそろっています。

動画編集ソフトCorel VideoStudio 2021の使い方

2021ではさらにSNS向け動画編集機能『インスタントプロジェクト・テンプレート』や、顔を認識してステッカーを自動追尾させる『ARステッカー』など新機能が追加されています。


VideoStudioのメリット

  • ・機能全部入り

VideoStudioのデメリット

  • ・エラーで強制終了が起きることが多い
  • ・音声ミキサー、リップル編集が独特で使いにくい

VideoStudioの使い方解説記事・動画

【関連】VideoStudio使い方
【関連】動画で学ぶVideoStudio使い方


みんなのフォトムービー(NeroVideo)

みんなのフォトムービー(NeroVideo)は家庭用の有料動画編集ソフトです。Amazonで購入する場合、名称は『みんなのフォトムービー』ですが、実際インストールすると『NeroVideo』という名前のソフトになるので注意が必要です。まったく説明がなく不親切なので、この時点ですでにおすすめしません。

編集画面 動画編集ソフト みんなのフォトムービー(NeroVideo)入門

みんなのフォトムービー(NeroVideo)はドイツのソフトウェアメーカーNero AGが開発販売している動画編集ソフトです。日本のAmanzonでは株式会社ジャングルが販売しています。Nero日本公式サイトでは『NeroVideo2019』という名前で発売しており、Amazonではなぜか『みんなのフォトムービー』になっています。


ソフト名は『NeroVideo』なので、『みんなのフォトムービー』などというソフトは存在しないことになります。なぜジャングルがこのような方法をとっているか分かりません。『NeroVideo』を使っても『みんなのフォトムービー』という印象からは程遠いソフトです。写真を使った動画編集機能はありますが、メインは通常の動画編集ソフトです。また、操作方法も解説に書いてあるように簡単ではありません。値段も公式よりも高く、謎が多いです。


みんなのフォトムービー(NeroVideo)のメリット

  • ・特になし

みんなのフォトムービー(NeroVideo)のデメリット

  • ・実際はフォトムービーとは程遠いドイツの動画編集ソフト
  • ・操作性が悪い
  • ・インストールに時間がかかり動作が遅い

みんなのフォトムービーの使い方解説記事・動画

【関連】みんなのフォトムービー使い方




初心者向け動画編集ソフト比較表



順位 ソフト名 総合点 価格 対応OS 言語 4K 360度 アクションカメラ 縦動画 クロマキー 録音 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray ソフト詳細
1PowerDirector5.012,980円
買切8480円/年
Windows,Mac日本語PowerDirector詳しくよむ
2Filmora4.58,480円買切
6,980円/年
Windows,Mac日本語Filmora詳しくよむ
3Filme3.65,280円Windows,Mac日本語Filme詳しくよむ
4Adobe Premiere Elements3.519,580円Windows,Mac日本語Adobe Premiere Elements詳しくよむ
5Movavi Video Editor3.38,300円Windows,Mac日本語Movavi Video Editor詳しくよむ
6iMovie Mac3.3無料Mac日本語iMovie Mac詳しくよむ
7Microsoftフォト3.3無料Windows日本語Microsoftフォト詳しくよむ
8MovieStudio3.14,950円Windows日本語MovieStudio詳しくよむ
9VideoPad3.07,599円Windows,Mac日本語VideoPad詳しくよむ
10Clipchamp2.9無料Windows,ブラウザ日本語Clipchamp詳しくよむ
11GOM Mix2.8無料Windows,Mac日本語GOM Mix詳しくよむ
12AviUtl2.7無料Windows日本語AviUtl詳しくよむ
13Shotcut2.7無料Windows,Mac,Linux日本語Shotcut詳しくよむ
14Keynote2.7無料Mac日本語 Keynote詳しくよむ
15Olive2.6無料Windows,Mac英語Olive詳しくよむ
16GOM Mix Max2.54,999円Windows日本語GOM Mix Max詳しくよむ
17GOM Mix Pro2.53,300円Windows日本語GOM Mix Pro詳しくよむ
18Icecream VideoEditor2.44,000円Windows英語Icecream VideoEditor詳しくよむ
19PowerPoint2.412,984円/年Windows,Mac日本語 PowerPoint詳しくよむ
20EaseUS Video Editor2.310,549円Windows日本語EaseUS Video Editor詳しくよむ
21Windowsムービーメーカー2.3無料Windows日本語Windowsムービーメーカー詳しくよむ
22Lightworks Windows2.1無料Windows,Mac,Linux日本語Lightworks Windows詳しくよむ
23VSDC Free Video Editor2.0無料Windows日本語VSDC Free Video Editor詳しくよむ
24OpenShot Video Editor1.8無料Windows,Mac,Linux日本語OpenShot Video Editor詳しくよむ
25Avidemux1.6無料Windows日本語Avidemux詳しくよむ
26VirtualDub1.2無料Windows英語VirtualDub詳しくよむ
27Free Video Editor1.129$買切
19$/年
Windows英語Free Video Editor詳しくよむ



上級者向け動画編集ソフトとは

上級者向け向け動画編集ソフトとは、プロの動画編集者やYouTuber、ハイアマチュアが実際に仕事で使っている動画編集ソフトです。

家庭用動画編集ソフトと比べると使える機能が圧倒的に多く、かなり細かいところまで自由に編集することができます。

その反面、操作は難しく、初めての方には難しいかもしれません。しかし、最近では動画編集が一般にも広まり、趣味や家庭用として使っているユーザーも増えています。こだわった動画編集をしたい方はぜひチャレンジしてみてください。

動画編集で副業やフリーランスを目指している方は動画編集スクールで学ぶことをおすすめします。

【関連】動画編集スクールまとめ



上級者向け動画編集ソフトランキングWindows/Mac

このランキングでは、すでに動画を作った経験がある方や、プロ、業務用、これからステップアップしたい方、将来動画制作を仕事にしたい方向けのWindows/Mac用動画編集ソフトを紹介します。

動画編集ソフト 特徴
高機能動画編集ソフト。映像制作者の約9割がこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe調べ)。また、After EffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

プロ向けソフトのイメージが強いが、動画編集ソフトやアプリを使った経験があれば家庭用、YouTuber用としてもおすすめ。本格的な動画作りにチャレンジするのであれば未経験の方でもOK。→さらに詳しく読む


Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分15秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Macユーザーかつプロの動画編集者や、ハイアマチュア、YouTuberにもおすすめのミドル~ハイエンドの動画編集ソフト。

そこそこ高機能で、初心者・入門者に優しいソフト。YouTuberのHIKAKIN氏も利用していた。

ライバルはサブスク料金のAdobe Premiere Pro。Final Cut Proは買い切り価格なのでコスパは高いが機能的にAdobe Premiere Proに劣っている。→さらに詳しく読む

Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分5秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。

一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。→さらに詳しく読む

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
プロ用動画編集ソフトの無料版。Adobe Premiere Pro並みの高機能ソフト。家庭用としては高機能すぎるのでおすすめしない。→さらに詳しく読む

Windows
Mac
Linux
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分38秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Avid Media Composerは、映画、テレビなどで使われているプロ向けの動画編集ソフト。

映画『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われている。そのソフトが無料版のAvid Media Composer Firstとして公開。

慣れるまで使い方が難しいが、映画など本格的な制作を志望している方にはおすすめ。→さらに詳しく読む

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
4K、HDR編集が売りのスピーディーな動画編集ソフト。プロ向けとしてTVの地方局などでシェアが高いといわれている。→さらに詳しく読む

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
フリーの3DCG制作ソフト。

動画編集機能を使えばカット編集、BGM、テキスト、書き出しなどできる。

しかし、あくまで3DCG制作ソフトなので、動画編集機能としては使いづらい。→さらに詳しく読む

Windows
Mac
Linux
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
Filmoraのプロ版。Adobe Premiere Proに近い高度な編集ができる。

2019年発売の若いソフトなので、本格的なプロ向けとしてはまだこれから。どちらかといえばセミプロ用として考えたほうが良い。Filmoraから次のステップアップや、ミドルクラス編集ソフトからの乗り換えとしてはあり。

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集は可能。→さらに詳しく読む

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。→さらに詳しく読む



Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray



1位 Adobe Premiere Pro

プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、After EffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro for Windows

プロを目指している方や、家庭用動画編集ソフトからさらにステップアップしたい人におすすめ。月額での利用ができるので、気軽に始めることができる。


Adobe Premiere Proのメリット

  • ・動画編集ソフトとしては最高峰の高機能
  • ・思い通りの自由な編集ができる
  • ・チュートリアル情報が豊富

Adobe Premiere Proのポジティブなクチコミ


レビュー評価者

田中卓
50代・男性

★★★☆☆
3.00

プロの動画編集者になるには避けては通れないソフトウェアです

Premiere Proはプロの動画編集者、動画制作者が使用するソフトなので、機能が豊富なので、習得するまでかなり時間が必要になります。そのため使いにくいソフトウェアになり、動画制作初心者には優しくありません。しかし、時間をかけて習得するだけの価値はあり、Premiere Proを使えれば就職・転職、また動画制作のフリーランスへの道も開けてきます。

レビュー評価者

マリ
20代・女性

★★★☆☆
3.83

操作性、操作速度、クオリティ等大変満足

アニメーションテンプレートがあり初心者でも高度な編集に見える動画を作成できるところが良かったです。また、アフターエフェクトとの連携もできて便利です。動画編集作業もスムーズに行えるため、動画編集ソフトはこちらの1本で十分だと思っています。自動でバックアップも取られているため万一、強制終了したときも安心です。

レビュー評価者

らふ
20代・男性

★★★★☆
4.50

機能が豊富で動作も軽い

仕事として動画編集を始めるのに、Premiere Proを選択しました。使ってみた感想は、動作が軽く安定していて、機能も使いきれないほど豊富です。Adobe 製品に慣れている方なら直感的に操作できると思います。



Adobe Premiere Proのデメリット

  • ・サブスク版のみ
  • ・機能が多くパソコンが不慣れな人には難しい部分もあり

Adobe Premiere Proのネガティブなクチコミ


レビュー評価者

おおもり
40代・男性

★★★★☆
4.00

毎月、ソフトウェアの使用料を払わなければいけません

買い切り型ではなく、サブスクリプション型なので、毎月、ソフトウェアの使用料を払わなければいけません。あと、以前より料金が上がってしまっているのも悪いところです。しかし、Premiere Proが業務で必要なため、これからまた値上がりしても、よほどのことがない限り、Premiere Proを使わなければいけないのはちょっと気になっています。

レビュー評価者

田中卓
50代・男性

★★★☆☆
3.00

インターフェースも分かりにくく、専門用語が多いので、非常にとっつきの悪いソフト

とにかくインターフェースも分かりにくく、専門用語が多いので、非常にとっつきの悪いソフトと言わざるをえません。そのため、ソフトの操作を習得する時間も非常に長く必要です。初心者お断りの雰囲気させ感じます。また、価格も高いので、なんとなく動画編集をやってみたい方にはおすすめできないソフトです。

レビュー評価者

マリ
20代・女性

★★★☆☆
3.83

Adobeソフトを全く使ったことがない人にとっては操作が難しい

操作がわからないときヘルプセンターに書いてあることもありますが、それ以外の問題があるとき解決方法を探すのが大変でした。操作に関するサポートヘルプデスクがあるとより良いと思いました。


Adobe Premiere Pro機能表

動画編集ソフト 特徴
高機能動画編集ソフト。映像制作者の約9割がこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe調べ)。また、After EffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

プロ向けソフトのイメージが強いが、動画編集ソフトやアプリを使った経験があれば家庭用、YouTuber用としてもおすすめ。


Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


書き出し速度:5分フルHD動画を1分15秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Adobe Premiere Proの使い方解説記事・動画

【関連】Adobe Premiere Pro使い方
【関連】動画で学ぶAdobe Premiere Pro使い方



2位 Final Cut Pro

Final Cut Pro XとはApple社が開発した有料のハイエンド動画編集ソフトです。値段は45,000円。一応プロ向け、ということになっていますが、どちらかというと家庭用動画編集ソフトiMovieの高機能バージョンと思った方がよいです。

動画編集ソフトFinal Cut Pro X

動画編集機能は、動画、写真の取り込み、基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ(タイトル)の挿入、トランジション効果など基本的なものはすべてそろっています。かつてはパソコンを使った動画編集ソフトとして革命的な存在でしたが、バージョンXになってからプロ用としては使いづらいものになりました。シェアの多くはAdobe Premiere ProのMac版に移ったようですが、まだまだMacユーザーには人気の動画編集ソフトです。


Final Cut Proのメリット

  • ・高機能だが初心者にも使いやすい
  • ・オーディオミキサー機能が弱い
  • ・買い切り料金なので一度買って長く使えば安く済む

Final Cut Proポジティブなクチコミ


レビュー評価者

のん
40代・女性

★★★☆☆
3.67

初心者でも直感的に使いやすいソフトだと思います。

動画編集をしたくて、最初は無料で使えるiMovieを使っていましたが、音量の調整やトランジョンの調整が上手く出来ずにFinal cut Proに変更しました。AdobeのPrも使ってみましたが、Final cut Proの方が直感的に使える印象で、数時間である程度の動画編集が出来るようになりました。初めから入っているトランジョンやタイトル等のエフェクト、各種テンプレートも豊富で、素人でも良い感じで仕上げることが出来たので、買って良かったと思います。

レビュー評価者

あき
20代・男性

★★★☆☆
3.67

Final cut proの使いやすさについての口コミ

学生の頃からFinal cut proを使用していますが、機能などがとてもわかりやすく使いやすいと思います。Final cut proを使うまではプレミアプロを使用していましたが、プレミアプロに似た機能が多くプレミアプロからの移行する方でも使いやすいと思います。

レビュー評価者

わらしべくん
40代・男性

★★★☆☆
3.50

これぞ買い切りの魅力 ソフト単体でかなりの編集表現が可能

マグネティックタイムラインが独特でクセは強め。個人的には旧バージョンの7と比べるとXに慣れた今でもやはり使いやすさ、操作性では及ばないと思う。イン点すら入れづらくなぜこういう仕様にしたのか未だによくわからないところもある。が今となってはその不便さにも慣れた。ワークスペースの表示画面に関しては結構見やすくできていると思う。


Final Cut Proのデメリット

  • ・初心者向けには良いが、本格的な動画作りには中途半端
  • ・Macのみ対応
  • ・値段が家庭用としては高い

Final Cut Proネガティブなクチコミ


レビュー評価者

かつ
20代・男

★★★☆☆
3.50

FINAL CUTについて

動作が遅いところと書き出しに時間がかかるところが改善できたらいいなと思いました。長尺の動画になると1~2時間程書き出すのにかかったこともあります。容量がすぐにいっぱいになることが多いので、定期的に素材を消したり、ソフト内を整理しないといけない時があります。動作については残念かなと思いました。

レビュー評価者

あき
20代・男性

★★★☆☆
3.67

動作が重いことがある

長い時間使用しているととても重くなります。MVまでの編集くらいなら大丈夫だとお思いますが、長編の動画や映画などには僕は少し不向きに感じるなーとお思いました。なので学生やYouTuber、MVディレクターなどにおすすめです。

レビュー評価者

のん
40代・女性

★★★☆☆
3.67

時々固まってしまう

取り込みの際にコピーする設定にしてしまうと、あっという間にパソコンの容量が無くなってしまうこと、Windowsでは使えないことくらいでは無いかと思っています。Windowsとの互換性を考えると、AdobeのPrに敵わないのかもしれませんが、初心者の方にはFinalcut Proはオススメだと思います。

Final Cut Pro機能表

動画編集ソフト 概要
MacユーザーかつハイアマチュアやYouTuberにおすすめのミドル~ハイエンドの動画編集ソフト。

そこそこ高機能で、初心者・入門者に優しいソフト。YouTuberのHIKAKIN氏も利用していた。

ライバルはサブスク料金のAdobe Premiere Pro。Final Cut Proは買い切り価格なのでコスパは高いが機能的には>Adobe Premiere Proに劣っている。

Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を2分5秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Final Cut Proの使い方解説記事・動画

【関連】Final Cut Pro使い方
【関連】動画で学ぶFinal Cut Pro使い方



3位 Vegas Pro

プロ/ハイエンド向けの動画編集ソフト、ベガスプロ。高機能ですが、価格もまた家庭用ソフトと比べると高くなっています。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

プロ向けの動画編集ソフトといえば、Adobe Premiereが一般的ですが、Vegas Proも性能的にはまったく劣っていません。十分、制作に使えるレベルに仕上がっています。もちろんプロ用としてだけでなく、ハイエンドな一般向けとしても優秀なソフトです。


Vegas Proのメリット

  • ・高機能
  • ・定期開催されるセール中は激安になるのでコスパが高い

Vegas Proのデメリット

  • ・セール以外では値段が高い
  • ・チュートリアル情報が少ない

Vegas Pro機能表

動画編集ソフト 概要
高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。

一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Vegas Proの使い方解説記事・動画

【関連】Vegas Pro使い方



4位 DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは、オーストラリアの映像メーカーであるBlackmagic Design(ブラックマジックデザイン)社が開発している映像編集ソフトです。
DaVinci Resolve動画編集ソフト

基本的にはプロ向け業務用ソフトですが、一部の高度な機能を制限したバージョンのみ無料で公開しています。

日本語でも使えるので、映像のプロを目指しているけどコストがかけられない人や、試しに無料の高機能ソフトを使ってみたい方におすすめです。

家庭用としては高機能すぎて使いにくいのであまりおすすめしません。家庭用動画編集ソフトには必ずある結婚式や誕生日、運動会用などのイベントテンプレートもありません。無料なのは魅力ですが、あくまで家庭用としての使い方であればPowerDirectorがおすすめです。

DaVinci Resolveのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し
  • ・Adobe Premiere Pro並みの高機能

DaVinci Resolveのポジティブなクチコミ


レビュー評価者

まーぼー
40代・男性

★★★☆☆
3.83

無料で気兼ねなく使えて、アニメーションなどプリセットも充実してます

無料で使えるので、まずはインストールして出費を気にせずに使い始められること。YouTubeなどで先人の方たちの動画を見あさりながら、動画編集のイロハを自分のペースで学べます。挫折しても無料なので、はぼ無傷で終えられます。

レビュー評価者

kago
30代・女性

★★★☆☆
3.33

そこまで機能を求めないならYoutube投稿するには十分

無料の範囲で使える編集機能が、素人が凝った編集をしないならば十分に動画を作れるレベルであるところ。よく無料版というと、エンコード長やエンコード回数を制限、強制透かし入れなどといったことがありますが、こちらはありません。使用している中でできないことというと、エフェクト関係の数が減っていることと、エンコード設定あたりでしょうか。

レビュー評価者

らふ
20代・男性

★★★★☆
4.00

無料で使えて性能も有料の編集ソフトと遜色がないレベルです。

無料で使えるのに高機能でやりたいことがなんでもできます。カットやトリミングなどの作業を自分が使いたいキーの割り振ることで作業を効率化できて編集速度も格段に上がります。無料でできるので、編集ソフトを触ったことない方にもおすすめできるソフトです。



DaVinci Resolveのデメリット

  • ・パソコンによっては動作や書き出し速度が遅い
  • ・パソコンによっては動作エラーが起きることがある(AMD系CPU)
  • ・機能が豊富すぎて初心者には難しい

DaVinci Resolveのネガティブなクチコミ


レビュー評価者

焼き鯖定食
20代・女

★★★☆☆
3.67

基本的に高コスパの編集ソフトだが、フリーズが多いことが難点

とにかくフリーズが多いことと、負荷の高いエフェクターを使うとソフト内で動画をスムーズに再生確認できなくなるところです。いちいちレンダリングをかけて、アニメーションやエフェクトが思い通りに動いているか確認しないといけないことが少し手間だと感じます。また、尺の長い動画も必然的に重たくなるのが残念です。

レビュー評価者

おくら
30代・女性

★★★☆☆
3.33

フリーズが多い

やはりフリーズしてしまうところだと思います。フリーズがあることを知ってからはこまめに保存しているので支障ありませんが、改善できるのならばしてほしいです。作業自体もそこでストップしてしまうので時間のない作業をしている時はかなり焦ります。使い続けているユーザーとしては悲しいポイントです。

レビュー評価者

まーぼー
40代・男性

★★★☆☆
3.83

機能が多すぎて初心者にはやや複雑

フュージョンという独特な概念、カラー編集ページの煩雑さを見ると気が引けます。また、高解像度の編集には高性能なハードウェアが必要で、低スペックのコンピューターでは快適に動作しづらいことがあります。また、一部のサードパーティプラグインが他のソフトウェアと比べて限定的かもしれません。


DaVinci Resolve機能表

動画編集ソフト 特徴
プロ用動画編集ソフトの無料版。Adobe Premiere Pro並みの高機能ソフト。家庭用としては高機能すぎるのでおすすめしない。

Windows
Mac
Linux
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分38秒

4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

DaVinci Resolveの使い方解説記事・動画

【関連】DaVinci Resolve使い方
【関連】動画で学ぶDaVinci Resolve使い方



5位 Avid Media Composer

Avid Media Composer(アビッドメディアコンポーザー)は、映画、テレビなどで使われている動画編集ソフトです。映画だと『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われています。


そのソフトの無料版が、Avid Media Composer Firstです。
動画編集ソフトAvid Media Composerのインターフェイス

かなり独特な設計なので、動画編集ソフトに慣れている人でも時間がかかると思います。しかし、このクオリティのソフトを無料で使えるのであれば努力してみる価値はあります。映画製作など高度な動画を作りたいが、お金がない!無料がいい!という方にはおすすめです。


Avid Media Composerのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し
  • ・高機能

Avid Media Composerのデメリット

  • ・独特な設計で操作が難しい

Avid Media Composer機能表

動画編集ソフト 特徴
Avid Media Composerは、映画、テレビなどで使われているプロ向けの動画編集ソフト。

映画『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われている。そのソフトが無料版のAvid Media Composer Firstとして公開。

慣れるまで使い方が難しいが、映画など本格的な制作を志望している方にはおすすめ。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Avid Media Composerの使い方解説記事・動画

【関連】Avid Media Composer使い方



6位 EDIUS Pro

4K、HDR編集が売りのスピーディーな動画編集ソフト。

動画編集ソフトEDIUS Pro 9 インターフェイス

高機能動画編集ソフトといえば、パソコンによっては動作が重いですが、EDIUSは動作が軽めと評価されています。パソコンスペックに自信がない人で、さらに高度な動画編集をしたい方にはおすすめです。

またTVの地方局などではシェアがいまだに高いです。


EDIUS Proのメリット

  • ・動作が軽い
  • ・高機能

EDIUS Proのデメリット

  • ・値段が高い
  • ・高機能すぎて初心者には難しい

EDIUS Pro機能表

動画編集ソフト 特徴
4K、HDR編集が売りのスピーディーな編集環境が特徴のソフト。家庭用バージョンは廃止。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

EDIUS Proの使い方解説記事・動画

【関連】EDIUS Pro使い方



7位 Blender

Blenderはフリーの高機能3DCG制作ソフトです。エヴァンゲリオンを制作しているスタジオカラーはこのBlenderを使った3DCGを作っています。


このBlenderですが、3DCGだけでなく動画編集をすることもできます。ただし、動画編集機能はおまけみたいなもので、使い勝手はあまりよくありません。Blenderを使いながら、少しだけ編集をしたい、という方以外にはおすすめできません。

3DCGフリーソフトBlender動画編集機能

一応、基本的なカット編集トリミング、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、書き出しなどできます。しかし、一般的な動画編集ソフトと比べると、かなり独特で戸惑うことが多いです。


Blenderのメリット

  • ・完全無料
  • ・透かし無し

Blenderのデメリット

  • ・操作性が独特で使いづらい
  • ・必要な機能がほとんどない

Blenderの使い方解説記事・動画

【関連】Blender使い方



FilmoraPro

FilmoraProは、映像プロフェッショナルのために開発された新しいFilmoraブランドの高機能動画編集ソフトです。

FilmoraProの編集画面 動画編集ソフト フィモーラプロ入門

Filmora(フィモーラ)といえば家庭用の使いやすいおしゃれな動画編集ソフトのブランドです。しかし家庭用なので、高度で細かい編集機能はあえて省かれていました。そこで新たに開発されたのが高機能動画編集ソフトFilmoraProです(たぶん)。


今まで以上により高度なエフェクト機能、タイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などが使えます。Adobe Premiere Proに近いことをFilmoraでできるようになった、という印象です。


ただし、テレビや映画、CM制作向けというよりは、より高度な動画を自社の宣伝用に作りたい場合や、ウェブムービー、こだわりのあるYouTuberなどセミプロ向けといった印象です。本格的な業務用としては、2019年発売なので普及率も低く、あえて選ぶ要素はありません。


FilmoraProのメリット

  • ・値段が安い
  • ・高機能

FilmoraProのデメリット

  • ・プロ用としては機能がまだ発展途中
  • ・チュートリアル情報が少ない

FilmoraProの使い方解説記事・動画

【関連】FilmoraPro使い方



TMPGEnc Video Mastering Works

有名な高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集には十分。

動画編集ソフトTMPGEnc Video Mastering Works

編集は他のソフトでして、TMPGEncで高画質・高圧縮エンコードする時に活躍する。編集機能は本当に簡易的なので、あくまでおまけのようなもの。


TMPGEnc Video Mastering Worksのメリット

  • ・動画をキレイに圧縮できる

TMPGEnc Video Mastering Worksのデメリット

  • ・動画編集機能は非常に簡易的
  • ・動画編集用途としては値段が高い

TMPGEnc Video Mastering Worksの使い方解説記事・動画

【関連】TMPGEnc Video Mastering Works使い方



Adobe After Effects

高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

動画編集ソフトAdobe After Effects

Adobe Premiere Proと連携して使うことが多く、PhotoShopなどのセットで購入するとお得。使い方はPremiere Proと共通点があるので、他ソフトで連携できるものがあるが、やはりAdobe製品に統一するのがおすすめ。


Adobe After Effectsのメリット

  • ・高度なアニメーション、モーショングラフィックなどを作れる

Adobe After Effectsのデメリット

  • ・操作を覚えるのが難しい

Adobe After Effects口コミ・評判

レビュー評価者

モーション・50代・女性

★★★☆☆
3.50

映像編集ソフトで一番大好きなソフトです

商業制作において、例えばクライアントから直しが入った場合、コンポジション化したレイヤーに動きを付けておけば、コンポジション内の素材を入れ替えるだけで、全体に影響することなく即座に直しが完了する、など数々の工夫が凝らされていて、デジタル映像編集ソフトの中でもダントツに使いやすいです。


Adobe After Effects機能表

動画編集ソフト 特徴
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。


Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用


4K360度
アクションカメラ
縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray

Adobe After Effectsの使い方解説記事・動画

【関連】Adobe After Effects使い方



プロ向け動画編集ソフト比較表

順位 ソフト名 総合点 価格 対応OS 言語 4K 360度 アクションカメラ 縦動画 クロマキー 録音 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray ソフト詳細
1Adobe Premiere Pro5.02,728円/月~Windows,Mac日本語Adobe Premiere Pro詳しくよむ
2Final Cut Pro4.345,000円Mac日本語Final Cut Pro詳しくよむ
3Vegas Pro4.244,800円Windows日本語Vegas Pro詳しくよむ
4DaVinci Resolve3.9無料Windows,Mac,Linux日本語DaVinci Resolve詳しくよむ
5Avid Media Composer3.5無料Windows日本語Avid Media Composer詳しくよむ
6EDIUS Pro3.465,780円Windows日本語EDIUS Pro詳しくよむ
7Blender2.5無料Windows,Mac,Linux日本語Blender詳しくよむ

関連記事

結婚式のプロフィール動画の作り方(4) 動画編集の方法 Windowsムービーメーカー

Windowsムービーメーカーで作る 結婚式プロフィール動画の作り方(4) 動画編集の方法

結婚式プロフィール動画のためのWindowsムービーメーカーを使った動画編集の方法ついて解説します。

エッジのぼかしの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

エッジのぼかしの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

動画や画像などの周囲をぼかす動画編集ソフトAdobe Premiere Proの動画エフェクト『エッジのぼかし』の効果と使い方を解説します。 Adobe CC/Premiere Proを格安で購入する ...

クリップ名の効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

クリップ名の効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

動画に動画ファイル名をテロップのように表示する動画編集ソフトAdobe Premiere Proの動画エフェクト『クリップ名』の効果と使い方を解説します。 Adobe CC/Premiere Proを ...

動画編集ソフトFilmeの使い方(1) 機能の紹介

Filmeの使い方(1)機能の紹介動画編集ソフト

Windows・Mac用動画編集ソフトFilme(フィルメ)の機能や値段、使い方を解説します。

動画編集ソフトAdobePremiereElements

【動画で学ぶ】動画編集ソフトAdobe Premiere Elementsの使い方

Windows/Mac用動画編集ソフトAdobe Premiere Elementsの使い方解説。基本的なカット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、透過ロゴ、グリーンバック ...

おすすめ記事一覧

【2023】動画編集ソフトおすすめランキング 1

PR一部プロモーションが含まれる場合あり 動画編集ができるWindowsとMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、YouTuber、インスタグラム、TikTok、プロ向 ...

【2022】動画編集アプリおすすめ人気ランキング 2

iPhoneやアンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを紹介します。すべて実際に使ってレビューしています。各アプリの詳しい使い方も別記事で解 ...

動画の作り方入門 3

動画を初めて作る方に向けて、動画の作り方を分かりやすく解説していきます! 記事に使っている写真はすべて私が自分で買ってレビューした機材です。

おすすめの動画編集スクール比較 4

PR一部プロモーションが含まれる場合あり 動画編集スクールに通う方が増えています。その理由として多いのがフリーランスになるため(40%)や、副業(34%)、映像制作会社に転職(10%)するため等です( ...

-動画ソフト・アプリ
-