動画ソフト・アプリ

Filmeの使い方(1)機能の紹介動画編集ソフト

掲載・更新日

動画編集ソフトFilmeの使い方(1) 機能の紹介

Windows・Mac用動画編集ソフトFilme(フィルメ)の機能や値段、使い方を解説します。


内村航

この記事を書いた人:内村 航

株式会社ドウガテック代表取締役。2012年より『カンタン動画入門』を運営。動画編集ソフト・アプリのレビュー本数58本。動画編集スクール取材9校。アクションカメラ17台、α7 III、EOS8000D所有。大学講師(日本文理大学情報メディア学科、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ等)。著書:暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版)iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS)

→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)


Filmeの使い方記事一覧

(2)Filmeをダウンロード・インストールする方法
(3)Filmeの基本的な使い方



Filmeとは?

Filme(フィルミ)はWindows/Mac用の入門者向けの家庭用動画編集ソフトです。基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなど動画編集に必要な最低限の機能があります。

Ver4.0から4K対応、ナレーション録音、画面録画が可能になりました。

動画編集ソフトFilmeの使い方

値段はずっと使える永久ライセンスが5,280円と、かなりリーズナブルです。家庭用の記念動画などちょっとした動画編集をしたい方にはおすすめです。高度な編集やYouTuber、業務用には向きません。


Filmeのメリット

  • ・初心者にも使いやすい
  • ・値段が安い
  • ・動作が軽い

Filmeのデメリット

  • ・新バージョンで一部不具合が発生する場合がある

Filme機能表

動画編集ソフト 特徴
初心者向きのリーズナブルで使いやすい簡易的な動画編集ソフト。

基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなどができる。Ver4.0から4K対応、ナレーション録音、画面録画ができるようになった。

Windows
Mac
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分5秒

4K360度アクションカメラ縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
総合 料金 使いやすさ


3.6


3.7


4.0

機能性 軽さ 信頼性


2.0


4.0


3.5



テキストテロップ機能

テキストテロップ 動画編集ソフトFilmeの使い方

エフェクト機能

エフェクト 動画編集ソフトFilmeの使い方

トランジション機能

トランジション 動画編集ソフトFilmeの使い方

音楽・編集機能

音楽 動画編集ソフトFilmeの使い方


Filmeを使ってみた感想

初心者にもわかりやすいリーズナブルな動画編集ソフトです。必要最低限の機能にしぼられているので、ほぼ迷うことなく初心者でも動画を作ることができます。

基本的なカット編集、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなど必要な機能はそろっています。難しい専門用語も少なく、わかりやすいソフトです。

気になる点としては、トラックから別トラックへの素材の移動がしにくいこと、タイムライン内での動画素材などをぴったりくっつける吸着機能がないこと、があります。どちらもそれほど大きな問題ではありませんが、複数トラックで細かい動画編集をしたい方には使いづらいかもしれません。


Filmeの料金とダウンロード、各種機能について

初心者向け 動画編集ソフト 特徴
初心者向きのリーズナブルで使いやすい動画編集ソフト。

基本的なカット編集、縦動画、複数トラック、BGM音楽、テキストテロップ、エフェクト、トランジション、書き出しなどができる。

タイムライン内での素材の吸着機能がないので、複数トラックを使った細かい動画編集をしたい場合は注意。

初心者向け
家庭用
Windows、Mac OS
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
- - - - - - -



Filmeの使い方記事一覧

(1)Filmeの紹介
(2)Filmeをダウンロード・インストールする方法
(3)Filmeの基本的な使い方

-動画ソフト・アプリ
-