動画ソフト・アプリ

Microsoftフォトビデオエディターの使い方(1) 機能の紹介 Windows用動画編集フリーソフト

掲載・更新日

動画編集ソフトMicrosoftフォト(ビデオエディター)の使い方(1) 機能の紹介 フォト入門 windows用フリー無料

現在、最新のWindowsでフォトのビデオエディター機能が使えなくなっています。Microsoftは新しい標準動画編集ソフトClipchampの利用をすすめています。もしフォトで動画編集をしたい場合は、フォトレガシを使うようにしてください。


Windows10に標準でインストールされている動画編集ソフトMicrosoftフォト(ビデオエディター)の使い方を解説します。初回は、まずMicrosoftフォトとはどんなソフトなのかを紹介します。詳しい使い方については、この後の記事で解説します。


内村航

この記事を書いた人:内村 航

株式会社ドウガテック代表取締役。2012年より『カンタン動画入門』を運営。動画編集ソフト・アプリのレビュー本数58本。動画編集スクール取材9校。アクションカメラ17台、α7 III、EOS8000D所有。大学講師(日本文理大学情報メディア学科、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ等)。著書:暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版)iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS)

→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)


Microsofフォト(ビデオエディター)の使い方記事一覧




Microsoftフォト(ビデオエディター)とは?

Microsoftビデオエディター(フォト)は、Windowsに初めから入っていたMicrosoft製の元標準動画編集ソフトです。

動画編集ソフトMicrosoftフォト

現在は、Microsoftの無料動画編集ソフトClipchampがフォトに代わって公式ソフトになっています。しかしClipchampはテキストデザインの編集に自由度がないため微妙。フォトは『写真のレガシ』という設定で復活できるので試してみる価値あり。ただ、どちらもかなり簡易的なソフトなのであまり期待しない方が良いでしょう。



Microsoftフォト(ビデオエディター)を使ってみた感想

ちょっとした家庭用の動画や写真を使った動画やスライドショー作りであれば、無料のフォトで十分に感じました。難しい操作や謎の機能やボタンなどもないので初心者におすすめです。またフリーソフトには珍しく縦動画・写真に対応しています。


ただし、機能はかなり限られているので、自由なオリジナル動画を作りたい人にはおすすめできません。テキストテロップは決まったデザインテンプレートでしか変更できません。動画や写真に動きをつけるモーション機能は自由にサイズや速度を決めることができず、かなり不自由です。そして4K動画は読み込みOKですが書き出しはフルHDまで。あくまで簡易的な編集ソフトだと考えるのが良いでしょう。


Microsoftフォトのメリット

  • ・Windows10/11に初めから入っている
  • ・初心者でも操作しやすい
  • ・完全無料

Microsoftフォトのデメリット

  • ・機能が少ない
  • ・細かい編集ができない
  • ・複数トラック編集ができない

Microsoftフォト機能表

動画編集ソフト 特徴
Microsoft製のWindows用のひとつ前の標準の動画編集フリーソフト。写真管理ソフトフォト内の動画機能。

細かいカスタマイズはほとんどできず、元からあるいくつかのテンプレートを使ってデザインを決める。4Kの読み込みは可能だが、出力はフルHDまで。

現在の標準ソフトはClipchamp。Clipchampはテキスト編集に問題があり評価は微妙。機能が物足りない場合はPower Directorがおすすめ。

Windows
日本語

初心者
家庭用
YouTuber
業務用

書き出し速度:5分フルHD動画を1分25秒

4K360度アクションカメラ縦動画クロマキー
録音画面録画自動編集DVDBlu-ray
総合 料金 使いやすさ


3.3


5.0


3.5

機能性 軽さ 信頼性


1.0


4.0


5.0


Microsoftフォトの使い方解説記事・動画

【動画で学ぶ】動画編集ソフトMicrosoftフォトの使い方





簡易的な動画編集ソフトで満足できない場合は?

フォトは無料で使いやすいですが機能がかなり限られています。もしフォトで満足できない場合は、以下のソフトも検討してみてください。

PowerDirector

PowerDirector編集画面

PowerDirectorは、高機能ながらシンプルで使いやすい動画編集ソフトです。基本的な動画編集はもちろん、エフェクトやトランジション、テキストの追加、画面録画、DVD・Blu-ray焼、自動編集など多彩な機能があります。また、高速レンダリング技術により、効率的な編集作業が可能です。

PowerDirectorまとめ表

ソフト名
料金買い切り版:12,980円(税込)
サブスク版:8,480円/年(税込)
【セール中】動画編集ソフトPowerDirector最大28%オフ4/14(日)までクーポンコード『dougatec2024』
対応OS
Windows
Mac
機能
4K
360度
アクションカメラ
縦動画
クロマキー
録音
画面録画
自動編集
DVD
Blu-ray
対象
初心者
家庭用
YouTuber
業務用
評価
総合 料金 使いやすさ


5.0


1.8


4.25

機能性 軽さ 信頼性


5.0


3.5


4.5


【関連】PowerDirectorの基本情報・使い方


Filmora

Filmora動画編集ソフト

Filmoraは、初心者から中級者まで幅広く対応した動画編集ソフトです。基本的な動画編集機能や、おしゃれでつかいやすいデザインテンプレートが特徴です。

Filmora まとめ表

ソフト名
料金買い切り版:8,480円(税込)
サブスク版:6,980円/年(税込)
Filmora【セール中】動画編集ソフトFilmora最大29%オフ(click) ~3/1(金)
対応OS
Windows
Mac
機能
4K
360度
アクションカメラ
縦動画
クロマキー
録音
画面録画
自動編集
DVD
Blu-ray
対象
初心者
家庭用
YouTuber
業務用
評価
総合 料金 使いやすさ


4.5


2.9


4.0

機能性 軽さ 信頼性


4.0


3.5


4.0


【関連】Filmoraの基本情報・使い方

Premiere Pro

Premiere

Adobe Premiere Proは、プロフェッショナル向けの動画編集ソフトです。豊富な機能と高い柔軟性が評価されており、映画やテレビ番組の制作にも使用されています。初めて動画編集する方は練習が必要ですが、ネットやYouTubeにたくさんマニュアルが揃っているので安心して使うことができます。

Premiere Proまとめ表

ソフト名
料金サブスク版:2,728円/月~(税込)
【裏技】Adobe CC最大45%引き
対応OS
Windows
Mac
機能
4K
360度
アクションカメラ
縦動画
クロマキー
録音
画面録画
自動編集
DVD
Blu-ray
対象
初心者
家庭用
YouTuber
業務用
評価
総合 料金 使いやすさ


5.0


2.12


4.0

機能性 軽さ 信頼性


3.5


3.5


4.5


【関連】Adobe Premiere Proの基本情報・使い方

Microsofフォト(ビデオエディター)の使い方記事一覧

-動画ソフト・アプリ
-