動画編集

動画編集を仕事にする方法、仕事内容、年収について

掲載・更新日

動画編集を仕事にする方法、仕事内容、年収について

最近「動画編集を仕事にしたい!」という方が増えています。動画編集者とはどういう仕事なのか、どうすれば仕事にできるのか、いくらぐらい稼げるかのか、必要な機材、ソフトなどについて解説します。

内村航

この記事を書いた人:内村 航

株式会社ドウガテック代表取締役。2012年より『カンタン動画入門』を運営。動画編集ソフト・アプリのレビュー本数58本。動画編集スクール取材9校。アクションカメラ17台、α7 III、EOS8000D所有。大学講師(日本文理大学情報メディア学科、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ等)。著書:暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版)iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS)

→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)


動画編集の仕事内容

動画編集の仕事は、パソコンの動画編集ソフトをつかって動画素材をつなぎ合わせ加工し、編集する仕事です。映画やCM、TV番組から、YouTubeやウェブ動画広告の編集など幅広いジャンルの動画編集があります。


より具体的な内容

より具体的に動画編集の仕事内容を解説すると、まずはどんな動画を作るのか、どこで流したいのか、ターゲットは、目的はなどお客さんにヒアリングし、企画・構成を考えることから始まります。

お客さんは動画編集をしたことがない人がほとんどです。そのためどんな動画を作りたいのかハッキリとしたイメージがありません。「なんか若い人に受けるやつ!」とか「バズるやつ!」などとあいまいな指示の場合があります。また「よくわかんないから適当に作って!」といわれた場合は注意が必要です。自分のアイデアで作ったら「全然違う!」とクレームがくるなんてこともあります。

そういったミスマッチを防ぐためにまず必要なのが入念なヒアリングです。動画編集はクリエイティブな仕事のイメージがあると思いますが、しっかり相手のニーズを把握し、どんな動画がより効果的なのかプロの目線でアドバイスする、ということも重要なのです。

お客さんとのすり合わせを行って初めて動画編集者は動画の制作に入ります。また、動画素材は先方からもらうのか、自分で撮影するのか、カメラマンを手配するのか、素材サイトのものを使うのか、動画の長さは、どんな色味か、テロップの種類は、音楽は、動画の形式は、などなど考えることは山ほどあります。

動画編集のスキルはあって当然。それプラス、どうすれば仕事を取れるのか、どうすればお客さんが喜んでくれるのか、効果的な動画を作れるのか、次の仕事につながるのか、そういった部分も動画編集者には求められます。

特に、フリーランスで動画編集者を目指す方は1人ですべて行う場合が多いです。動画編集者はただ動画を編集する人、ではないことを理解しておきましょう。



動画編集を仕事にするメリットは?

動画編集を仕事にするメリットは、クリエイティブな仕事ができることです。もちろんお客さんの要望を沿うのは前提ですが、その中にも自分だけのオリジナリティを入れる、そして喜ばれる、それはクリエイティブな人にとっては楽しいし、素晴らしい体験です。

またフリーランスや副業で動画編集をする場合は、自分の環境に合わせた仕事ができるのが大きなメリットです。その分責任はありますが、無理ないよう調整し在宅で仕事ができるというのは、今の時代かなり大きなメリットといえます。



動画編集を仕事にするデメリットは?

会社勤務の場合は激務であることが多いです。映画、CM、テレビの仕事は締め切りが決まっています。それに合わせて完成させなければいけないので、徹夜の作業も当たり前です。

フリーランスや副業のデメリットは、実績がないと単価が低いことです。しかしこれは実績を積めば解決していくので、それほど大きな問題ではないといえます。



動画編集者の年収は?

動画編集者の仕事は、正社員で平均年収410万円、アルバイト・パートで時給1,037円、派遣社員で1,698円というデータがあります。

しかしこれはあくまで平均値です。所属する会社や、案件内容によってはより高額な報酬も十分見込めます。

【参考】求人ボックス 動画編集の年収・時給・給料(求人統計データ)


動画編集を仕事にするには?

動画編集を仕事にするには、いくつかのルートがあります。


映像制作会社に入る

最も多いパターンは、映像制作会社に入社することです。激務ですが、慢性的な人手不足なので、就職は比較的簡単です。お給料をもらいながらスキルアップをし、独立フリーランスを目指したり、自ら制作会社を立ち上がることもできます。


専門的な学校で学ぶ

映像系の大学、短大、専門学校に入学し学ぶことで動画編集スキルを身に付け、仕事につなげることができます。最近は動画の需要が増し、映像系の学部やコースがどんどん増えています。専門学校の中にはTV局が出資し、卒業後即戦力として育てるような学校もあります。

映像制作・動画編集を学べる学校の選び方




動画編集スクールで学ぶ

大学生やすでに働いている社会人は動画編集スクールで学ぶ方法もあります。現役プロの講師から、動画編集の基礎や仕事の取り方を学び、仕事につなげます。スクールによっては独自の案件紹介システムがあるところもあります。副業や他業種からのフリーランスを目指す方には特におすすめです。

【2024】動画編集スクールおすすめ比較31校





動画編集に求められるスキル

動画編集者に求められるスキルは、仕事を取ってくる営業力、お客さんへのヒアリング力、動画マーケティング、そして動画の制作スキルです。特にフリーランスや副業で動画編集をする場合はこのすべてが重要です。

動画編集ソフトでいうと、Adobe Premiere Proが使えることが大前提です。さらに高度なモーショングラフィック、アニメーションを作れるAdobe After Effectsが使えれば仕事の幅が広がり、単価アップにつながります。

Adobe Premiere Proの使い方(1)機能の紹介 動画編集ソフト


Adobe AfterEffects CCの使い方体験版をインストールする方法(1)





動画編集に必要な機材

動画編集用パソコンが必要です。安価なものから高価なものまで幅広いパソコンがあります。相場としては20万円程度と覚えておきましょう。

【2024】動画編集用パソコンの選び方とおすすめ




動画編集におすすめなソフト

動画編集者におすすめなソフトは、Adobe Premiere ProとAdobe After Effectsです。無料の高機能動画編集ソフトDavinci Resolveもありますが、まだまだメジャーではありません。よほどの事情がない限り、Adobe製品を使うようにしてください。

【2024】動画編集ソフトおすすめランキング




まとめ

動画編集の仕事は決して、動画を編集するだけではありません。もちろん、依頼され編集のみ担当することも可能です。しかし、高単価は見込めません。長期的に考えると、動画編集以外の様々なスキル習得も重要です。

まずは動画編集ソフトに触れてみて、続けられそうであれば、少しずつ勉強し、進んでいくことで道が開けます。ぜひチャレンジしてみてください。

-動画編集
-