動画ソフト・アプリ

Windowsムービーメーカーの使い方(6) 切り替え効果を付ける方法

掲載・更新日

120
ムービーメーカーを使って動画の冒頭や、動画の間にアニメーションをつける方法を解説します。

はじめてのWindowsムービーメーカーWindows10/8/7対応

内村航

この記事を書いた人:内村 航

株式会社ドウガテック代表取締役。2012年より『カンタン動画入門』を運営。動画編集ソフト・アプリのレビュー本数58本。動画編集スクール取材9校。アクションカメラ17台、α7 III、EOS8000D所有。大学講師(日本文理大学情報メディア学科、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ等)。著書:暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版)iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS)

→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)



Windowsムービーメーカーの使い方記事一覧

Windowsムービーメーカーの使い方まとめ
 ・インストールする方法
 ・カット編集の基本操作と書き出し
 ・テロップのつけ方
 ・BGMを入れる方法
 ・アニメーションを付ける方法
 ・切り替え効果を付ける方法
 ・視覚効果で白黒動画
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(1) 写真の準備
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(2) テキストの準備
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(3) BGMの準備
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(4) 動画編集の方法




切り替え効果をつけてみよう

画面上部の「アニメーション」タブをクリックしてください。
120-000



次に効果を付けたい動画をクリックしてください。
120-001



アニメーションタブの下にある「切り返し効果」の好きなものをクリックしましょう。
120-003



今回は、「ぼかし(黒へ)」を選びました。

真っ黒な画面からぼんやりと動画が浮かびあがる効果です。
120-004



次に、2つ目の動画をクリックしてください。
120-005



すると、先ほどとは違う「切り替え効果」が表示されます。
120-005b



冒頭の「切り替え効果」と動画と動画の間の「切り替え効果」は使える効果が違います。

動画間の切り替え効果は、約80種類あるので好きなものを選びましょう。
120-006



切り替え効果の長さを変えてみよう

切り替え効果は、元は1秒になっていますが、0.25~2.0秒の間で変更することができます。

「再生時間」をクリックして、好きな秒数に変更しましょう。
120-007


これで切り替え効果の解説はおしまいです。では、また次の記事でお会いしましょう!


Windowsムービーメーカーの使い方記事一覧

Windowsムービーメーカーの使い方まとめ
 ・インストールする方法
 ・カット編集の基本操作と書き出し
 ・テロップのつけ方
 ・BGMを入れる方法
 ・アニメーションを付ける方法
 ・切り替え効果を付ける方法
 ・視覚効果で白黒動画
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(1) 写真の準備
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(2) テキストの準備
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(3) BGMの準備
 ・結婚式のプロフィール動画の作り方(4) 動画編集の方法

-動画ソフト・アプリ
-