ビデオカメラ

Campark4Kレビュー実際使って試してみた

掲載・更新日

【レビュー】Campark4Kスペック比較・使い方・設定方法 おすすめの人気アクション・ウェアラブルカメラ

2018年に発売されたアクションカメラCampark4Kを実際に購入し、使ったみた感想を紹介します。


内村航

この記事を書いた人:内村 航

株式会社ドウガテック代表取締役。2012年より『カンタン動画入門』を運営。動画編集ソフト・アプリのレビュー本数58本。動画編集スクール取材9校。アクションカメラ17台、α7 III、EOS8000D所有。大学講師(日本文理大学情報メディア学科、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ等)。著書:暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版)iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS)

→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)


アクションカメラ関連記事

アクションカメラ おすすめランキング・まとめ

アクションカメラ・ウェアラブルカメラとは?

アクションカメラとは、手持ち撮影はもちろん、衣服や乗り物などに装着・固定して動画を撮影できるビデオカメラをいいます。

【2018】アクションカメラの選び方3つのポイント おすすめ比較ランキング 8機種


スポーツや、バイク、車好きの方におすすめのカメラで、色々格好良い動画を撮影することができます。


【サンプル素材】Campark4Kレビュー アクションカメラ actioncamera campark4K





Campark4Kを使ってみた感想

以下、複数のアクションカメラを実際に買って使っている私のCampark4Kの感想です。

Campark4Kスペック一覧

アクションカメラ 特徴
Campark4K

8,000円
1万円以下でタッチパネル搭載の4Kは珍しい。画質はそこそこキレイ。手振れ補正も歪みがあまりないので同価格帯のアクションカメラでも良機種。4Kだと手振れ補正機能が使えないので、手振れ補正を使う場合は2K(1440p30)か、1080p30/60。

4K30、2K30、1080p30/60など。※4Kは手振れ補正不可。

→アプリXDV iOS/アンドロイド
サンプル動画 自転車に付けて撮影
4K 手振れ補正 カメラモニタ 液晶モニタ 防水 本体/ケース Wi-Fi/BT タッチパネル アプリ
〇/〇 〇/×

※『BT』はbluetoothの略。


総合評価

1万円以下の4Kアクションカメラとしては、なかなか良機種です。動作がなめらかなタッチパネル付きなので初心者でも直感的な操作ができます。手振れ補正もそこそこ効きます。


ただし、手振れ補正機能は4Kは不可、2Kから使えるので、本格的な4K手振れ補正撮影がしたい方は注意が必要です。

Campark4Kアクションカメラ


画質

テスト撮影は自転車のハンドル下にクリップマウントを使って行いました。

自転車マウント Campark4Kアクションカメラ


撮影は2Kの手振れ補正機能ON状態で行いました。撮影時は雨でしたが、そこそこ明るく撮れました。

撮影画質 Campark4Kアクションカメラ
撮影画質 Campark4Kアクションカメラ


手振れ

補正機能はそこそこです。妙なゆがみもありません。


【サンプル素材】Campark4Kレビュー アクションカメラ actioncamera campark4K




使いやすさ

1万円以下なのにタッチスクリーンが付いていて、動作もなめらかで使いやすいです。ボタンの数も少なく、同価格帯のアクションカメラの中では初心者にも使いやすいアクションカメラです。

Campark4Kアクションカメラ
Campark4Kアクションカメラ
Campark4Kアクションカメラ
Campark4Kアクションカメラ
Campark4Kアクションカメラ
Campark4Kアクションカメラ


Campark4Kのアクセサリー・付属品

Campark4Kには、以下の付属品が付いています。


アクションカメラ、リモコン、高気密防水ケース、多機能マウント、ハンドバー用マウント、粘着テープ、粘着式固定台座、結束ベルトセット、固定ベルト、繊維製清潔用布、ベルクロ、USBケーブル1050mAhバッテリ、多言語取説書

Campark4Kアクションカメラ箱
Campark4Kアクションカメラアクセサリー
Campark4Kアクションカメラ防水ケース

-ビデオカメラ
-